靴下製作

靴下ブランドを立ち上げたいクリエイターやデザイナーの方へ

更新日:

 

こんな方におすすめ私たちの靴下OEMサービス

  • 「クリエイターやデザイナーをしており、ソックスのオリジナルブランドを立ち上げたい
  • 「靴下のD2Cブランドを立ち上げたい」
  • 「自社ブランドのラインナップに靴下を加えたい」
  • 「企画力や販路はあるけど、靴下製造のノウハウと生産の背景がない」

私たちは、発注をされた方のご要望のデザインにて、靴下を製造する「OEM製造」を行う靴下メーカーです。

個人、法人を問わず「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナーやクリエイターが私たちのお客様です。

靴下OEM事業者である私たちが考える「ゴール」とは?

OEM事業者である私たちのゴールは、「ご要望のデザイン仕様に従って製造した靴下を無事お客様にお届けすること」です。

ブランドを営むお客様にとってのゴールは、「私たちが製造した靴下が売れること」です。

靴下が売れるためには、デザインも含めて、「靴下を実際に売り場で購入されて、履かれる方に満足頂く」必要があります。

お客様と二人三脚で試行錯誤しながら、「売れる靴下」を製造し続けることが、私たちの目標です。私たちの強みは、長年培ってきた靴下の経験と工場との信頼関係です。

自ら壁につきあたりながら、靴下の製造に取り組んできた経験を生かして、お客様のブランド立ち上げに伴う靴下の製造を徹底的にサポートします。

「自社の靴下ブランドで勝負したい方」におすすめしたい台湾靴下工場とは

私たちの、靴下製造工場は、「台湾」にあります。10年間つきあってきた信頼できるパートナーです。

「靴下は美術品じゃない履くものだ」台湾靴下工場社長の口癖です。細かいデザインの再現と、靴下のはき心地を両立させる技術力が工場の強みです。

日本の工場にも劣ることがない技術力を生かし、品質基準がとても厳しい某有名テーマパークの靴下を製造しています。

「自社の靴下ブランドで勝負をしたい」という方々には、台湾工場での製造をおすすめしております。

台湾で靴下を製作するようになってから、納品後のリピート率も上がりました。

デザインに惹かれて靴下を購入したお客様が、実際に靴下を履かれて、ご好評頂いているのが主な要因です。

台湾靴下工場で生産された靴下の「品質」をベースにして、消費者に販売頂ければそれがブランドの強みにもなります。

台湾で製造する靴下の品質について、下記の通りまとめました。

  • ゴムへのこだわり。洗濯してもよれない。長く履いてもかゆくならない。
    足を入れる口ゴムの部分にこだわりがあります。
    洗濯をしてもよれにくく、長い時間履いていてもかゆくならない特殊なゴムを使っています。
  • コットンへのこだわり。柔らかくてはき心地がよいインド綿を使用。
    足を入れた時に柔らかさを感じる等級の高いインド綿を使っています。
    等級の高いコットンが放つ独特の光沢から質の高さを感じて頂けます。
  • 伸縮性へのこだわり。スニーカーソックスでも脱げにくい。
    ブリングハピネスの靴下は伸縮性に優れているので、足にぴったりとフィットするので脱げにくいです。
    もう、スニーカーソックスが靴の中で脱げて気持ち悪いと感じることはありません。
  • 仕上げへのこだわり。デザインとはき心地の両立。
    デザインされた靴下の裏側には糸が伝っています。実は糸がループで伝っていると靴下はきつくなります。
    ブリングハピネスの靴下は織り機で糸を切断、織り機では切断できない場合は人の手で断裁をしています。
  • 製造工程へのこだわり。はき心地が最優先。
    実は、靴下のはき心地と工場の生産性の間にはトレードオフが存在します。
    ブリングハピネスは靴下をはく人を最優先にした製造工程にこだわりをもっています。

台湾工場で靴下を製作するときの製造数量について

台湾工場で靴下を製作するときの製造数量は、靴下の種類によって異なります。

コットンベース+ナイロン編み込み(法人) 500足(柄/色)〜
コットンベース+ナイロン編み込み(個人) 300足(柄/色)〜
コットンベース+ナイロン編み込み+刺繍 500足(柄/色)〜

コットンベースの素材であれば、編み込みから刺繍まで、様々な仕様での対応が可能です。

法人様とのお取り引きは500足/(1色1柄)〜、新しくブランドを立ち上げられる個人のデザイナーやクリエイターの方々とのお取り引きにおいては300足/(1色1柄)〜対応しております。

詳しくはお問い合わせ頂けると幸いです。当サイトのチャットから直接ご相談いただくことも可能です。

お問い合わせはコチラ

オリジナル靴下をOEMで製作するときのサンプルについて

靴下の少量生産において、業者によってはサンプル製作回数に制限がある場合があります。生産数量が多くないところで、サンプル製作回数が嵩むと、工場にとっては負担になります。

靴下を企画する側にとっても、試行錯誤を繰り返す「作り込み」ができない一発勝負になってしまいますので、妥協しなければならない可能性があります。

納得が行くまで何回でも修正が可能なバーチャルサンプルとは?

2017年に島精機製作所が開発したデザインシステム「SDS-ONE APEX3」を導入しました。

SDS-ONE APEX3は、靴下のデザインをニットの編目に変換したときの効果を、バーチャルでシュミレーションすることができるシステムです。

実際のサンプルと同じような画像の確認ができるので、サンプルを製作する前の段階で、靴下が完成したときのイメージを明確に把握することができます。

バーチャルリアルティの世界で、靴下サンプルを製作するので、お客様が納得行くまで何回でも修正することができます。

靴下のオリジナルブランドを立ち上げたい方々に向けた靴下OEM製作の流れ

靴下のオリジナルブランドを立ち上げたい方々に向けて「靴下OEM製作の流れ」のページを製作しました。 お客様とのやりとりが最も多くなる、お打ち合わせからお見積もり、サンプル製作からサンプル校了(確認OK ...

続きを見る

デザインシステムを活用してサンプルを製作せずにマーケットの調査に活用する

バーチャルサンプルをSNSにあげて反応を見たり、お店に持参して感触を確認ことができます。配色を何パターンか作成して、どの色が好評か調査することも可能です。

下記は、和柄ブランドの足袋靴下のバーチャルサンプルをTwitterにあげて、受注活動を行った事例になります。サンプルを製作していないのにもかかわらず、実際にお買い上げ頂く方もいらっしゃいました。

バーチャルサンプル製作のサービスは、個人、法人を問わず靴下ブランドを立ち上げたいクリエイター様やデザイナー様に向けてご提供しております。

条件など、詳しくはお問い合わせ頂けると幸いです。当サイトのチャットから直接ご相談いただくことも可能です。

靴下のオリジナルブランドを立ち上げたい方と工場の背景をシェアするという考え方

私と靴下との出会いは、ファンシー雑貨メーカーに勤めているときに、靴下の新規事業立ち上げに携わったのがきっかけでした。

社内に靴下のノウハウがないなか、靴下工場を発掘し、デザイナーと一緒に手探りで製品の開発をする日々を過ごしました。

現在も、初めて靴下に取り組まれるお客様を中心にお取り引きさせて頂いております。ご不明な点などがあれば、噛み砕いて丁寧に説明をしながら製作を進めるスタイルです。

私たちを活用頂くことで、個人法人に関わらず、台湾の靴下製造工場と東京に靴下製造部門を持つのと同じ効果を得ることが可能です。

無料相談も承っておりますので、ご質問などございましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。

お問い合わせはコチラ

 

  • この記事を書いた人
岩村 耕平

岩村耕平

合同会社ブリングハピネス代表。台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナー、クリエイター、D2Cブランドを製造面で徹底サポート。工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。起業してからの7年間で、数多くのブランドの靴下製造を手がける。バーチャルでサンプル製作が可能な島精機製作所デザインシステムを使用。JR東小金井高架下と秋葉原が拠点。雨と雪の日以外の都内移動は全て「自転車」を使用。既成観念にとらわれず最適な場所と時間を選んで仕事する「環境に依存する」働き方を模索中。

-靴下製作

Copyright© A traveling Socks Factory , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.