自社ブランド立ち上げ Web戦略

アパレル製造小売業を営む僕が新規事業を立ち上げるときにブログを書く理由とは?

投稿日:2019年1月29日 更新日:

「ブログを書くこと」を新規事業の立ち上げの核にしようと考えております。

弊社は、靴下のOEM製造業を営んでおります。静から動へ。今年は積極的に新しいことに取り組んで参ります。

ブログを書いてパディントンベア(邦題 くまのパディントン)を極める

昨年10月に、JR東小金井高架下に小さなお店を借りました。

長年OEM製造業でお世話になっている、台湾工場が製造した靴下の販売をしています。

春先に、業務提携先のぬいぐるみ屋さんが版権を取得し、開発したパディントンベアの靴下も入荷します。

発売にあたって、パディントンベアのブログを立ち上げる準備をしております。

2018年の1月にパディントン2が上映されてから1年が過ぎ、ひと段落ついた感がありますので、正直なところ、すぐに商業的な結果を出す自信がありません。

ブログを立ち上げて、事業の形を整えながら、リアルでどぶ板の営業を行い、どこまでいけるかを見極める必要があります。

自分が「見たこと、聞いたこと、経験したこと」を文章として表現すると、情報が頭に刻みこまれます。

ブログを書いて情報を整理しておくと、実際にお客様に説明するときに役立ちます。

現在メインでご飯を食べている靴下の製造業においても、ブログを書いてきたことが幸いして、お客様に伝わりやすい説明ができるようになりました。

パディントン3の映画が、進行中ということですので、上映に向けて楽しみながら、記事を執筆していきます。

ブログを書いて、バッグを製造する

靴下の製造業を営む中国パートナーが、2年前にバッグの事業を開始しました。

大口顧客を確保し、工場との関係性も安定してきたので、日本国内でホームページを開設することにしました。

靴下のWebsiteは、僕自身が運営しておりますが、バッグについては、僕がお手伝いをしながら、中国パートナー自らが運営する形になります。

ホームページを開設したとしても、すぐには結果が出ないことが予想されます。

弊社の靴下のホームページも開設後の数ヶ月はお問い合わせがありませんでした。

辛抱強く良質なブログ記事を投入する必要があります。

その下準備として、今から弊社ブログにバッグ関係の記事を書きはじめます。受注活動を行い、僕自身も実際にバッグ作りの経験を積んで行くつもりです。

実際に体験したことを記事にするのと、そうでないのとを比べると伝わり方が異なるからです。

現在の中国パートナーの会社にいるスタッフは、全て中国人で、日本語能力にも限りがあるため、僕自身がブログを書く仕事を引き受けることにしました。

まとめ ブログを書くことは、生きることに似ているのかもしれない

アパレル製造小売業を営む僕が新規事業を立ち上げるときブログを書く理由について紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。

現在一緒に、ブログを取り組んで頂いてる僕の先生が言いました。

今日お客さんになる人は、昨日の集客の結果ではありません。継続的に取り組んできた成果です。

事業の立ち上げ、勉強、体調管理、人間関係、など全てのことに当てはまる言葉だと思いました。

何事も、昨日取り組んで今日結果がでるわけではありません。

正しい方向性を見定めて、継続的に取り組んで行くことは、遠回りのように見えて、一番の近道なのかもしれません。

 

-自社ブランド立ち上げ, Web戦略
-, , , ,

Copyright© A traveling Socks Factory , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.