靴下製作 製作の進め方

オリジナル靴下デザインの再現性についての考え方とは?

更新日:

こんな方におすすめ

  • 靴下を製作したいけど、デザインがどこまで再現できるかわからない。
  • 靴下の製作を進めているけど、デザイン通りのサンプルがあがってこない。
  • 細かいデザインの靴下を製作したい

本日は、オリジナル靴下のデザインでお困りの方々に向けて、編み込み靴下のデザインの再現方法について紹介して参ります。

靴下のデザインはドット絵でできている

編み込み靴下のデザインは、ドット絵と呼ばれるピクセルアートでできています。

デザインをドット絵に変換したビットマップデーターが、靴下デザインの元になります。

ファミコンなどのレトロゲームのキャラクターも、ドット絵で作られています。

ドット数が寸法の範囲内で、色数が5色〜10色であれば、靴下でもレトロゲーム程度のデザイン再現が可能です。

ドット絵を靴下に落とし込む数値を決めるゲージ数とは?

ドット絵に置き換えたデザインを靴下の網目に落とし込むときの再現性は、ゲージ数と呼ばれる網目の細かさによって決まります。

靴下のゲージ数は、横幅の網目数で表されます。「釜」と呼ばれる靴下編機のシリンダーの幅によって規格が異なります。

靴下の細かさの規格を決める横幅の「針数(needle)」とは?

シリンダーの幅は、「針数(needle)」で表記します。

私たちの靴下工場は、96/120/144/200nの4種類のシリンダーを保有しております。

針数が小さいほど、靴下の横幅を狭く、大きいほど広く製作することができます。

針数が大きくなるほど細かなデザイン表現が可能になります。

靴下の長さを決めるコース数とは?

縦の長さはコース数によって決まります。

針数が、固定されているのに対して、コース数は靴下の長さによって変化します。

編み込みの靴下を製作するときの針数とコース数の実例とは?

編み込み靴下の製作は、靴下工場で働く「ドッター」がお客様からのデザインデーターを「ドット絵」に置き換えるところからスタートします。

横幅の「針数」(Needle)、縦の長さの「コース数」の規格にもとづいて、作業を行います。

こちらは、22cmのスニーカー靴下のデーターになります。

横幅が「144N」縦の長さは「228コース」です。平面の図案の左右をつなぎ合わせると、右図のような靴下の筒になります。

おもて面「72n」と裏面の「72n」を足すと横幅が「144n」になることがわかります。

靴下のゲージ数を表す、ドット絵のデーターは、つま先の上からリブの下の靴下のデザインが描かれている範囲内の数値で製作されます。

 

ゲージ数とデザイン再現性の関係とは?

横幅の針数の数値が大きくなると、柄の表現ができる密度があがります。

上記画像は、「横144n x 縦228コース」で製作したスニーカー靴下です。

仮にこちらと同じ靴下を最も網目が細かいでハイゲージ(200n)で製作した場合、「横200x縦310コース」になります。

同じ仕様でもドット一目一目が小さくなり、密度があがります。ドット総数(解像度)が50%も異なります。

ゲージ数と靴下のはき心地との関係とは?

ハイゲージの200nで製作すると、柄の再現性だけではなく、はき心地も良くなります。

網目が小さくなり、密度があがるため伸縮性が増します。

ハイエンドブランドの靴下の多くがハイゲージで製造されています。

デザインを靴下に落とし込んだとき、うまく再現されない原因とは?

靴下のデザインはドット絵でできています。

靴下の製作は、靴下工場の「ドッター」(デザイナー)が入稿データーに基づいてドット絵を製作するところからスタートします。

デザインがうまく再現されない理由は、「ドッターの腕の良し悪し」もありますが、靴下ゲージ数の規格がお客様のご要望にあっていないこともあります。

靴下製造工場のサイトを見ても、ゲージ数についての説明がない場合があります。

対応可能な数量や価格だけを見て製作を決めると思った通りのデザインの再現ができないことが起こりうるので注意が必要です。

デザインを入稿する前にゲージ数の仕様を確認してから進行することをおすすめします。

オーダーメイド靴下を製作する際のデザインの進行方法とは?

「オーダーメイドで靴下を製作したい」 「オリジナルデザインの靴下を製作する際の進行方向を知りたい」 本日はそんな方々のために弊社でオリジナル靴下を製作をする際のデザイン製作や入稿の方法についてご紹介し ...

続きを見る

私たちの靴下工場で対応が可能なゲージ数とは?

台湾靴下工場

96n/120n/144n/200nのシリンダー保有しております。

台湾靴下工場の強みは、デザインの美しさとはき心地の良さを両立させる技術力にあります。

厳選した素材を使用して、製造するハイゲージ(200n)靴下の製造を得意としております。シリンダーも多数保有しており、一回の生産に使える台数も多くなります。その分生産のスピードも早くなります。

中国靴下工場

96n/120n/144n/200nのシリンダーを保有しております。

中国靴下工場は、120n〜144nのミドルゲージのシリンダーを中心に保有しております。

120n〜144nで再現が可能なデザインであれば、小ロットでの製造が可能です。

プライベートブランドとしてOEMで靴下を製作する際に私たちとご一緒いただく場合の生産背景のメリットとは?

こんな方におすすめ 自社のPB商品(プライベートブランド)の靴下OEM製造先を探している チャイナプラスワンに対応できるソックス製造業者を探している 靴下などのニットと縫製を組み合わせた雑貨の製造がで ...

続きを見る

まとめ

ここまで、オリジナル靴下デザインの再現性についての考え方についてご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。

一口に靴下と言っても、ゲージ数をはじめとする仕様により「デザインの再現性」「はき心地」が異なります。

工場によって得手不得手もありますので、きっちり打ち合わせを行ってから製作を進められるのがベストです。

靴下製造に関する疑問点や質問などございましたら、お気軽にご相談くださいませ。無料相談も承っております。

靴下のオリジナルブランドを立ち上げたい方々に向けた靴下OEM製作の流れ

靴下のオリジナルブランドを立ち上げたい方々に向けて「靴下OEM製作の流れ」のページを製作しました。 お客様とのやりとりが最も多くなる、お打ち合わせからお見積もり、サンプル製作からサンプル校了(確認OK ...

続きを見る

サービスメニュー

  • 靴下製作についてのご相談(お気軽にご相談くださいませ)

オリジナル靴下製作についてのご質問、ご相談

オリジナル靴下を製作したい方々に向けて、「製造工場を探したい」「どんな種類の靴下が製作できるか知りたい」など状況に合わせた記事を複数紹介しているページもありますので、よろしければご参照ください。

オリジナルの靴下を製作したい方へ

 

  • この記事を書いた人
岩村 耕平

岩村耕平

合同会社ブリングハピネス代表。台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナー、クリエイター、D2Cブランドを製造面で徹底サポート。工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。起業してからの7年間で、数多くのブランドの靴下製造を手がける。バーチャルでサンプル製作が可能な島精機製作所デザインシステムを使用。JR東小金井高架下と秋葉原が拠点。雨と雪の日以外の都内移動は全て「自転車」を使用。既成観念にとらわれず最適な場所と時間を選んで仕事する「環境に依存する」働き方を模索中。

-靴下製作, 製作の進め方

Copyright© A traveling Socks Factory , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.