コワーキングスペース

秋葉原と浅草橋の間にあるコワーキングスペースパズル浅草橋でドロップインしてみた

更新日:

弊社神田佐久間町の三井記念病院前の雑居ビルにある、雑貨メーカーさんの中の一席をお借りしてサテライトオフィスとして仕事させてもらっています。パズル浅草橋までは徒歩5分の距離です。

僕がコワーキングスペースパズル浅草橋を知ったのは、パズルさんが発行されているリーフレットを拝見したがきっかけでした。ただ近いだけに、なかなか行く機会がありませんでした。

先日サテライトオフィスの鍵を持ってくるのを忘れたので、雑貨メーカーさんが帰ってくるまでの間、パズル浅草橋にドロップインさせてもらうことにしました。

ワンドリンクで1時間半利用可能

ワンドリンクの注文で、90分利用することができます。がらがらでもなく、混雑しているわけでもなく程よい混み具合でした。

真ん中の大きな机では、何人かでミーティングを行っていました。コワーキングスペースはあまりにも静かだと、万が一電話がかかってきたときに取りにくいし、騒がしすぎると、仕事に集中できません。

微妙なバランスで居心地が結構変わってきます。

もちろん電源もあります。カフェで仕事をするより集中して業務に取り組むことができました。90分びっちり仕事をしてかかったのは、アイスコーヒー代の320円のみでした。

素晴らしいコストパーフォーマンスでした。

カフェ営業時間内のコワーキングスペースの月額利用は5000円

カフェ営業時間内(平日:9:00〜20:00土曜:9:00〜18:00)であれば使い放題です。さらに5000円をプラスすれば住所利用も可能です。

月1万円ぽっきりで、台東区浅草橋にオフィスを構えることができます。

こちら秋葉原や浅草橋はもちろん、日比谷線や都営新宿線へのアクセスも便利です。日本橋、茅場町、人形町などには雑貨系メーカーも多いので、ものづくり起業を目指す方にもおすすめです。

パズル浅草橋
住所 〒111-0053
東京都台東区浅草橋5丁目2−3 鈴和ビル2F
TEL 03-5839-2168
URL http://puzzle-scs.jp/akb

秋葉原や岩本町からアクセスする場合は、まず三井記念病院を目指すと比較的わかりやすいです。入り口に下記立て看板があります。エレベーターか階段で2Fにあがると受付があります。

 

  • この記事を書いた人
岩村 耕平

岩村耕平

合同会社ブリングハピネス代表。台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナー、クリエイター、D2Cブランドを製造面で徹底サポート。工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。起業してからの7年間で、数多くのブランドの靴下製造を手がける。バーチャルでサンプル製作が可能な島精機製作所デザインシステムを使用。JR東小金井高架下と秋葉原が拠点。雨と雪の日以外の都内移動は全て「自転車」を使用。既成観念にとらわれず最適な場所と時間を選んで仕事する「環境に依存する」働き方を模索中。

-コワーキングスペース

Copyright© A traveling Socks Factory , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.