プロフィール

 岩村耕平のプロフィール

岩村耕平(いわむら こうへい)

ブリングハピネス代表

靴下の製造と小売がライフワーク

靴下の製造と小売を通じて出会った人々に、幸せを届けたいという想いから、「ブリングハピネス(Bringhappiess)」という屋号を名付ける。

2015年から東京のJR東小金井の高架下で靴下製造メーカーを営む。

2019年に東小金井高架下の一番端っこにできた商業施設「MA-TO」に拠点を移し、靴下の小売も手がける。

ブリングハピネスの靴下は、オーダーメイドも小売も、全て台湾靴下工場で製造している。

台湾工場でしか製造しない理由は、社長も工場長も、親子揃って「靴下製造おたく」だから。

おたくだからこそ細かい部分こだわる。

デザインの再現性を最大限に保ちつつ、はき心地にこだわる。

デザインに惹かれて靴下を購入されたお客様は、靴下を履くと、はき心地の気持ち良さに気がつく。

台湾靴下工場の親子は自分では努力しているという感覚がない。

それは、彼らが靴下の製造を愛しているから。「好き」ほど強い武器はない。

台湾工場と工場で製造された靴下について、一人でも多くの人々に伝えることが、今の僕のライフワークだ。

陸王のこはぜ屋みたいな台湾靴下工場

2017年10月期の日曜劇場で放送された作家池井戸潤さん原作のドラマ「陸王」を見られたという方も多いのではないでしょうか。 僕が陸王を見て最も印象に残っているのが、足袋工場こはぜ屋を訪れた銀行員が、工 ...

続きを見る

得意な仕事

靴下のOEM製造(オーダーメイド)。

キャラクターやアパレルなど、デザインで付加価値をつける靴下が得意。2017年8月、島精機製作所さんが開発した、デザインシステム「SDS-ONE APEX3」を導入。

イラストレーターのデザインを、靴下に編んだときの編目や色へ変換し、バーチャルでサンプル製作ができるシステム。サンプルを製作する前段階で、仕上がりが確認することができる。

島精機製作所さんのデザインシステム「SDS-ONE APEX3」を使用して靴下のバーチャルサンプルを製作する流れとは?

2017年の8月末に島精機製作所さんが開発した、デザインシステム「SDS-ONE APEX3」を導入しました。 サンプルを製作することなく、イラストレーターで作成したデザインを、靴下に編んだときの編目 ...

続きを見る

靴下の仕事歴

靴下の製造に携わるようになって、今年で10年になった。

ファンシーぬいぐるみメーカーで、ぬいぐるみの生産管理を担当しているときに、上司から靴下工場を探すように命じられて、中国で靴下工場を探したのが、靴下に携わるきっかけ。

デザイナーと二人三脚で、靴下の開発に携わった。

デザイナーがデザインとサンプルの修正。僕は、指示内容の中国語への通訳翻訳、生産管理を担当した。

無事、靴下がブランドとして立ち上がるも、次のプロジェクトで、デザインがカタログに掲載されてしまったのにかかわらず、中国工場では技術的に製造できないというトラブルが発生。

裏付けをとらずに、中国工場の回答を鵜呑みにした、自分の落ち度だった。

どうすれば解決ができるかわからずノイローゼ寸前。

そんな中、出会ったのが、今もお付き合いをしている台湾の靴下工場だった。

2010年、私は、初めて台湾の靴下工場を訪問しました。

当時は、老舗のぬいぐるみメーカーで、海外工場の「生産管理」や新規工場を発掘する「仕入れ」の仕事をしていました。

靴下との出会いは、上司から命じられて、中国で靴下工場を探したのが、きっかけでした。

靴下の開発は、会社にとっても初めての取り組みで、苦労はしたものも、売り上げも徐々に伸びていきました。

そんな中、ある人気キャラクターの靴下の版権を取得することになりました。

デザインを見るとかなり複雑です。当初靴下の製造をお願いしていた、中国の工場に再現ができるかどうか確認をしたところ「問題ない」ということでしたので、サンプル製作を依頼しました。

ところが、何回修正を重ねても、仕様書通りのサンプルが上がってきません。

工場に原因を尋ねても、担当者もしどろもどろ。私自身も靴下の経験が浅く、解決策を見出すことができない事態に陥ってしまいました。

すでカタログに完成図のイラストが掲載されており、お客様から沢山の受注を頂いてしまっていました。

引用元 ブリングハピネスホームページ「コンセプト」より

工場の協力で、製品が無事完成し、会社の靴下事業が無事軌道に乗る。

2013年、中国の靴下工場に誘われて、工場の営業を担当。平行して2014年に自らの靴下メーカーブリングハピネスを立ち上げる。

中国靴下工場での営業は、生まれて初めての営業経験。

サンプルワークで、数々のトラブルを経験し、お客様とコミュニケーションの向上を目的にデザインシステムの導入を決める。

靴下のサンプルワークで悩んでいた僕が島精機製作所のデザインシステムを導入した理由とは?【2018年7月31日更新】

靴下のOEM製造業を営む僕らが、島精機製作所さんが開発した、デザインシステム「SDS-ONE APEX3」を導入して、1年になりました。 こちら、サンプルを製作することなく、イラストレーターで作成した ...

続きを見る

2016年、靴下メーカーブリングハピネスが軌道にのってきたので、経営に専念し、現在に至る。

2019年、台湾工場の靴下のはき心地の良さを一人でも多くの方に伝え、市場での反応を工場にフィードバックするために、小売業を開始。

JR東小金井高架下の商業施設「MA-TO」に店舗。

取り扱いブランドは、「パディントンベア」などのキャラクター靴下が中心。

靴下製造実績(台湾靴下工場製造)

  • 宮城県気仙沼トランポリン場様の滑り止めつき靴下
  • 熊本トランポリン協会様の、滑り止めつきくまモン靴下
  • 暗闇トランポリンフィットネスブランド様の滑り止めつき靴下
  • アパレルブランド様のスポーツソックス
  • 文具メーカー様のクルーソックス
  • 秋葉原ぬいぐるみメーカー様のパディントンベア(邦題 くまのパディントン)スニーカーソックス
  • 埼玉の幼稚園様の配布用キッズキャラクター靴下
  • 山梨県キャラクターブランド様のキッズキャラクター靴下
  • 東北鉄道会社様のキッズキャラクター靴下
  • 博多雑貨チェーン店様のボトルカバー
  • 目黒区アパレルブランド様のロングクルーソックス
  • アニメチェーン店様の刺繍クルーソックス

他実績多数

経歴

 

1991-1993年 

光栄のシュミレーションゲーム三国志にはまったことがきっかけで、高校を卒業後、三鷹市にあるアジアアフリカ語学院中国語学科に入学する。

2回目の1年生の夏休みに、友人に誘われて中国旅行に行く。上海で友人に見捨てられ、一人で新疆ウイグル自治区カシュガルまでたどり着き少し自信をつける。

1993年

成績不振のため、アジアアフリカ語学院を中退。(1年生を2回やったが卒業ができず)

中国に旅に出る。

僕と中国語 愚直に学び続けることが大事なかもれない

私は、「三国志」のゲームにのめり込み、吉川英治さんの小説三国志を読みはじめたのが中国語を学ぶきっかけでした。 それが18歳の時ですから、今日まで28年間も中国語と付き合ってきました。 「勉強は不得意だ ...

続きを見る

1994-1997年

遊牧民に憧れて、中国内蒙古自治区省都フフホト市にある内蒙古師範大学で2年半モンゴル語と中国語を学ぶ。

中国語で挫折をしてきた僕が選択した中国留学の方法とは

目次1 北京や上海などの都会で日本に近い生活を送りながら中国を学ぶ2 中国は実は多言語多民族国家である3 内モンゴルでモンゴル語と中国語を学ぶ4 まとめ 中国留学をされている方がどの位いるか調べるべく ...

続きを見る

1998-1999年

中国留学から帰国後、飯田橋にある日中学院研究科で、中国語の通訳翻訳技術を1年間学ぶ。

1999-2000年

日本製医療機器を輸入する中国系商社。 主な業務は、自社技術者及び中国病院関係者の来日アテンド及び通訳。

2001-2003年

販促品輸入商社 主な業務は日本輸入に伴う貿易業務。貿易に伴う銀行業務と国際物流業務を担当。

2004-2013年

ぬいぐるみが中心のファンシー雑貨メーカー。仕入部門に配属し、納期、品質管理及び中華圏における新規工場開拓業務を担当。工場との付き合い方や、品質についての考え方を学ぶ。

靴下の新規事業立ち上げに携わったことがけっかけで、中国、台湾工場と出会う。

僕の中国語仕事歴 中国語を仕事で活かすには?

中国語を学んでいる時は、どうやったらペラペラになれるかということだけに目が行きがちです。 高校を卒業後、専門学校から留学と、ひたすら中国語だけを学び続けてきた僕は、就職してはじめて「中国語を仕事でどう ...

続きを見る

2013年-2016年

中国浙江省の靴下工場で、対日営業を担当。自社のAlibaba Japan Siteの問い合わせ窓口、テレアポでの新規開拓業務を担当する。

2014年〜

靴下メーカー「ブリングハピネス」経営

活動拠点

  • 神田佐久間町にあるサテライトオフィス

デザインシステムを共同導入した業務提携先のオフィス。デザインシステムを使用するときはこちらで業務している。提携先のスタッフが常駐。

僕らの靴下製造工場や業務提携先とのパートナーシップとは?

弊社は、靴下を製造するファブレス企業です。工場を持たずに製造業を営む会社のことを「ファブレス」と言います。 弊社が今目指しているのが、強固な外注先との繋がりをベースとした共同体を作ることです。 「製造 ...

続きを見る

  • 東小金井の「MA-TO」

2019年の5月から東小金井のシェアオフィス「MA-TO」に入居

中央線東小金井駅高架下(けやき保育園正面)にキャラクター靴下のお店を作ってみた。

私たちのお店は、JR中央線東小金井駅から徒歩5分の、小金井市立けやき保育園の正面にあります。 5月に2019年に新しく完成したばかりの商業施設「MA-TO」に入居しました。 目次1 小金井市立けやき保 ...

続きを見る

東小金井との縁は、2015年に、東京都小金井市の施設、東小金井事業創造センター「KO-TO」に入居したときから。「KO-TO」は事業創造センターという名前のとおり起業家を育成するためのインキュベーション施設。

KO-TOさんのホームページに僕が創業するまでの創業ストーリーのインタビュー記事を載せて貰ったり、創業体験を講演する機会を頂いたり、とってもお世話になる。

講演会 多摩信用金庫さん主催の、多摩で創業をめざす方のための交流会「ブールム交流カフェ」にて創業体験の講演をする機会も頂いた。

「KO-TOのコワーキングスペース」→「KO-TOのブース」→「PO-TOのデスク」→「PO-TOの個室」→『MA-TO」と運営会社タウンキッチンさんの施設内で引っ越しを繰り返し、5年目。

座右の銘

  • 継続は力なり
  • 良いことも悪いことも、必ず始まりと終わりがある
  • 値段が高いものには高い理由があり、安いものには安い理由がある

好きなこと。得意なこと

  • 読書
  • 文章(ブログ)を書くこと
  • 折りたたみ自転車を持って出張に行くこと(BD-1保有)
  • 台湾靴下工場で過ごす時間(一人でサンプル室にこもって仕事し、気が向いたら編み立てラインを回り、夜は社長や息子と雑談して過ごす時間が好き)
  • iphoneでの写真撮影
  • 歴史シュミレーションゲーム(信長の野望、三国志など)
  • 語学
  • 中国語(仕事やコミュニケーションには全く困らず。焦ると吃音気味になる。日本語のときよりもひどし)
  • 英語(アイルランドに4ヶ月短期留学。日常会話レベルまでになる。今は錆びついて使い物にならず。)
  • モンゴル語(内モンゴル留学時に専攻。モンゴル国留学生と交流が多く、日常会話レベルになるが、今は錆びついて使えず)
  • コワーキングスペース(日本全国のコワーキングスペースを探して、実際に行って仕事してみるのが好き)

嫌いなこと。不得意なこと

  • 満員電車やバス、エレベーター(狭いところに押し込められるのがダメ)
  • 飛行機での移動(LCCも含めてよく飛行機を使用するが、できれば鉄道がよい)
  • 音が大きい横での会話(あせったり、音が大きい横で会話すると吃音で言葉が出てこなくなることがある)

座右の書

  • 横山光輝三国志(中国で悩んだときに、読むことが多かった)
  • 北方三国志(賛否両論だが全部好き)
  • まんが道 藤子不二雄(A)(起業で行き詰まったとき読み返す)
  • 愛…しりそめし頃に…」藤子不二雄(A)(起業で行き詰まったとき読み返す)
  • 真田太平記 池波正太郎
  • 大地の子 山崎豊子(内モンゴル)

最近読んでる漫画

  • アルキメデスの大戦

好きなアーティスト

  • かりゆし58(日々紡ぐ、証泣ける)
  • Alan(レッドクリフの主題歌)

好きな映画

  • レッドクリフ(おなじみ三国志赤壁の戦いが舞台)
  • インファイナルアフェア(トニーレオン好き)
  • 練習曲(自転車で台湾一周する映画)

好きなドラマ

  • ニューヨークの北京人(北京人在紐約/姜文がかっこいい)

好きな食べもの

  • ラフテーそば
西荻窪の「星の浜食堂」で沖縄そば

僕が、沖縄に行くときの楽しみといえば、沖縄そばを食べまくることでした。 値段の関係もあって、東京では口にすることがなかったのですが、最近東京でもたまに食べるようになりました。 島唐辛子を泡盛につけた、 ...

続きを見る

  • 台灣牛肉麵
  • マンゴーアイス
  • 東坡肉
  • 魚香肉絲

行ったことがあるところ(中国)

  • 北京
  • 天津
  • 洛陽
  • 西安
  • ウルムチ
  • カシュガル
  • アルタイ
  • 成都
  • 重慶
  • 昆明
  • 大理
  • シーサバンナ
  • 広州
  • 香港
  • 汕頭
  • 莆田
  • 福州
  • 廈門
  • 杭州
  • 蘇州
  • 上海
  • 青島
  • シリンホト
  • エレンホト

行ったことがあるところ(中国以外)

  • ウランバートル(モンゴル国)
  • テルレジ(モンゴル国)
  • ロンドン
  • ダブリン(アイルランド)
  • コーク(アイルランド)
  • ゴールウェイ(アイルランド)
  • ディングル(アイルランド)
  • 台北
  • 台中
  • 台南
  • 高雄

住んだことがあるところ 数週間以上

  • フフホト(中国内モンゴル自治区 長期留学)
  • 北京(中国首都 短期留学)
  • 西安(中国陝西省 短期留学)
  • 大理(中国雲南省 旅行中に沈没)
  • シーサバンナ(中国雲南省 旅行中に沈没)
  • 福建省莆田(野暮用)
  • キラーニー(アイルランド 短期留学)
  • 台湾靴下工場(3週間、仕事)
  • 東京練馬区
  • 東京中野区
  • 東京杉並区

 

 

 

 

 

 

投稿日:2017年1月19日 更新日:

Copyright© A traveling Socks Factory , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.