私たちは、靴下製造メーカーのブリングハピネスです

私たちブリングハピネスは、発注をされた方のご要望のデザインにて、靴下を製造する「OEM製造」を行う靴下メーカーです。

靴下の販売を展開するブランドが弊社のお客様になります。

OEM事業者である私たちのゴールは、「ご要望のデザイン仕様に従って製造した靴下を無事お客様にお届けすること」です。

ブランドを営むお客様にとってのゴールは、「私たちが製造した靴下が売れること」です。

靴下が売れるためには、デザインも含めて、「靴下を実際に売り場で購入されて、履かれる方に満足頂く」必要があります。

お客様と二人三脚で試行錯誤しながら、「売れる靴下」を製造し続けることが、私たちの目標です。

私たちの強みは、長年培ってきた靴下の経験と工場との信頼関係です。台湾靴下工場とのつきあいは、10年になりました。

お客様のブランドのデザインとコンセプトに、製造面から見た品質の強みや、生産地の魅力を加えることで、より信頼度の高い魅力的な靴下を販売することができると考えております。

靴下OEMサービスの案内はこちら

 

私たちが販売を手がけるオリジナルブランドとは

ブランドであるお客様と一緒にゴールを目指すために、私たち自らも靴下の小売を行っております。

靴下を製造する「台湾靴下工場」とデザインとコンセプトを手がける「ブランド」ともに「作り手」です。

1足の靴下には、「キャラクターの歴史」「デザインのコンセプト」「製造工場の品質へのこだわり」など様々な想いが詰まっています。

靴下は、デザインから製造まで長い旅をしたのち、お客様の足に収まります。そんな「靴下の旅」を一人でも多くのお客様にお伝えしたい思いから、靴下の販売にチャレンジしてみることにしました。

くまのパディントン

ショップを見る

はらぺこあおむし

ショップを見る

くまのがっこう

ショップを見る

台湾工場の社長は「靴下は美術品じゃない履くものだ」という言葉を口癖にしています。台湾工場で製造された靴下は、外から見た「見た目」だけではなく、履く人のことを考えて作られています。

レストランのシェフは、最高の食材を選んで、最高の技術で、見た目も美しい料理を、お客様に提供します。

弊社台湾の靴下工場は、使用する素材を厳選し、37年間靴下だけを製造してきた技術で、見る人を惹きつける、はき心地に優れた最高の靴下を製造しております。

  • ゴムへのこだわり。洗濯してもよれない。長く履いてもかゆくならない。
    足を入れる口ゴムの部分にこだわりがあります。
    洗濯をしてもよれにくく、長い時間履いていてもかゆくならない特殊なゴムを使っています。
  • コットンへのこだわり。柔らかくてはき心地がよいインド綿を使用。
    足を入れた時に柔らかさを感じる等級の高いインド綿を使っています。
    等級の高いコットンが放つ独特の光沢から質の高さを感じて頂けます。
  • 伸縮性へのこだわり。スニーカーソックスでも脱げにくい。
    ブリングハピネスの靴下は伸縮性に優れているので、足にぴったりとフィットするので脱げにくいです。
    もう、スニーカーソックスが靴の中で脱げて気持ち悪いと感じることはありません。
  • 仕上げへのこだわり。デザインとはき心地の両立。
    デザインされた靴下の裏側には糸が伝っています。実は糸がループで伝っていると靴下はきつくなります。
    ブリングハピネスの靴下は織り機で糸を切断、織り機では切断できない場合は人の手で断裁をしています。
  • 製造工程へのこだわり。はき心地が最優先。
    実は、靴下のはき心地と工場の生産性の間にはトレードオフが存在します。
    ブリングハピネスは靴下をはく人を最優先にした製造工程にこだわりをもっています。

更新日:

Copyright© The sharing Socks Factory , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.