パディントンベア

さがみ湖リゾートプレジャーフォレストでパディントンベアの世界観に触れてきた。

投稿日:2018年8月18日 更新日:

夏休みを利用して、さがみ湖リゾートプレジャーフォレストを堪能してきました。

さがみ湖リゾートプレジャーフォレストは、キャンプ場、遊園地、温泉のエリアから成る複合リゾート施設です。

イメージキャラクターにくまのパディントンこと、パディントンベアが採用されています。

2018年7月21日に、パディントンベアのテーマーパークとして、パディントンタウンがOPENしました。

パディントンベアキャンプグラウンドの常設テントで2泊してみた。

パディントンベアキャンプグラウンドには、常設テントをはじめとして、トレーラーハウス、ログハウス、など様々な宿泊施設が設置されています。

今回は小学生の娘2人と妻と僕、家族4人で、常設テントに宿泊しました。

元々は、テント持参でオートキャンプサイトに宿泊するつもりでしたが、徒歩だと受付から30分程度かかるということでしたので、追加料金を支払って常設テントに変更しました。

オートキャンプ場に、お車なしでいかれる方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、車以外の交通手段での訪問を考えられている場合は、注意が必要です。

パディントンベアキャンプグラウンドに電車で行く場合のアクセス

中央線の相模湖駅から、三ヶ木行きのバスに乗り、プレジャーフォレスト前で下車します。バスの本数は、1時間に1本から3本になります。

神奈川中央交通さんのホームページから時刻表を確認することができます。

相模湖駅からプレジャーフォレストまでは、3.5kmの距離です。乗車時間だけですと10分程度でしょうか。

プレジャーフォレストの入り口から、さらに無料シャトルバスに乗り換えます。キャンプグラウンドまで一定の距離があります。

シャトルバスには、一応時刻表がありますが、電話すると迎えにきてくれるようです。

キャンプ場のイメージキャラクターもパディントンベア。売店には靴下も

キャンプグラウンドに入場すると、まず目に入るのは、多くのパディントンベアのイラストたちです。

売店には靴下やタオルなどのパディントンベアのグッズもありました。フロントスタッフのかたに、靴下の販売状況を尋ねたところ、そこそこ売れているみたいです。

産地は台湾、材質はアクリル。キャラクター靴下に関しては、産地と材質を見れば、どこの工場で製造したかだいたいわかります。

「うーむ。参考になる」

ワイルドクッキングガーデンでのバーベキュー、飲み物は持ち込みがおすすめ。

一泊目は、炭などの機材のみをレンタルし、相模湖駅前のスーパーで調達した食材を持ち込みました。二泊目は、食材つきの、手ぶらBBQスタンダードを利用しました。

詳しくは、ワイルドクッキングガーデンのホームページに紹介されております。

2日間ともに19時すぎからバーベキューをスタートしました。お盆休み中ということもあり、子供連れの家族率が高く、早じまいをされる方が多いように感じました。

片付けられる方から、ご厚意で炭の残り火を分けていただくことができたので、2日間共に、時間がかかる火起こしをすることはありませんでした。

ワイルドクッキングガーデンの営業時間も、21:00までと早めです。

ちょっと困ったのが、飲料が高いことです。飲料は、ワイルドクッキングガーデンやキャンプ場でも調達することができますが、高めの価格が設定されています。

充実の設備。コンセントで電源を確保できたのは大助かり

シャワールーム、トイレは、とても清潔でした。

ワイルドクッキングガーデンの屋内席にはコンセントが完備されています。キャンプ場で2泊するにあたって、一番不安だったのが、いかに電源を確保するかだったので、大助かりでした。

キャンプ場からシャトルバスで10分のところに、「さがみ湖温泉うるり」もあります。仕事の合宿で使うのもよいですね。

[kanren postid="2951"]

パディントンタウンに行ってみた

最終日に、2018年7月21日にOPENしたばかりのパディントンタウンを訪問しました。5つのアトラクションのうち、下記2つが特によかったです。

しゅつどう!パディントン消防隊

映画パディントン2に出てくる、飛び出す絵本に出てくるような風景を、消防車でぐるぐる周り、消火活動をするアトラクションです。

ちなみに飛び出す絵本は,「Paddington Pop-up London」という題名です。英語版しか出ていませんが、日本のAmazonでも購入ができるようです。

しゅっぱつ!パディントン

機関車に乗り込むと、小さなカードが配られます。

機関車が出発すると、線路沿いに、様々な職業のコスチュームを着用したパディントンベアのイラストが並んでいるのが見えます。

配られたカードと同じ絵を探して、楽しむことができる仕組みです。原作でも、パディントンベアは、様々な職業を体験しました。

パディントンタウンズキッチンのかき氷は美味だった

隣接のパディントンタウンズキッチンで、かき氷を食べました。レモンソースベースで、マンゴーが入っているかき氷美味でした。

次回はフィッシュアンドチップスを食べてみたいと思います。

-パディントンベア
-, , , ,

Copyright© A traveling Socks Factory , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.