靴下製作 製作の進め方

オリジナル靴下を製作するときのデザイン表現方法の種類とメリットデメリットとは

投稿日:2019年11月1日 更新日:

「オリジナルデザインで靴下の製作を検討している」
「靴下のOEM生産するのにざっくりとした予備知識を把握しておきたい」

本日はそんな方々に向けてオリジナル靴下を製作するときのデザイン表現方法の種類とそのメリットとデメリットについて紹介して参ります。

編み込み

靴下を製造するための編機で、編み地でデザインを表現する方法が「編み込み」になります。

編み込みデザインの表現方法とは

編み込み靴下は、デザインデーターを「ドット絵」に置き換えてから製作します。ファミコンのドラゴンクエストなどのキャラクターはドット絵で作られています。

ちなみに上記のスニーカーソックスは、長さ200x横幅144ピクセル(ドット)になります。

長さは、靴下の長さが長くなるほど数値が大きくなります。横幅は靴下の仕様やデザインに応じて、68/96/120/144/168/200と変更することができます。(工場によっても異なります)

使用可能な色数は、標準で7色程度、デザインによって不可能な場合もありますが最大で10〜12色程度までになります。

靴下を製作するときの「ドット絵」についてこちらの記事でも詳しく紹介しております。

ピクセルアート(ドット絵)グッズを製作したい方へ

「ピクセルアートグッズ製作に興味がある」 本日は、そんな方々に向けて、ドット絵で作成するオリジナル靴下の製作についてご紹介して参ります。 目次1 ドット絵グッズ製作に靴下がオススメな理由とは?1.1 ...

続きを見る

編み込みで靴下を製作する際のメリット、デメリットとは

メリット

  • 素材としてコットンが選択できるので吸水性がよい

編み込みで靴下を製作する際、天然繊維の一つであるコットンを主素材として選択することができます。

細かい柄部分はポリエステルかナイロンを使用します。靴下の柄範囲が30%でそれ以外が70%の場合は、ざっくりで、コットン70%、ポリエステル(ナイロン)29%、ポリウレタン1%が組成比率になります。

ポリウレタンは、下糸とよばれる、靴下の伸縮性を作る細いゴムです。

プリントの場合は、化学繊維であるポリエステルしか選択できないケースが多いです。よってポリエステル99%、ポリウレタン1%が組成比率になります。

  • 編み込まれているので、着用したときに下糸のポリウレタンが表に出ない

プリントの靴下は、白い靴下の表面に印刷をする形になりますので、着用して絵柄が伸びた状態になると、白い下糸がデザイン上に透けることがあります。

編み込みは文字通り編み込まれておりますので着用後もデザインを維持することが可能です。

デメリット

  • ドット絵で表現できる範囲内でのデザイン表現しかできませんので、グラーデーションや写真のような表現ができません。プリントですと可能です。

プリント

プリント靴下のデザイン表現方法とは

プリントソックスは、白い無地の靴下を「編み込み」の手法で製造し、完成した靴下にプリントを入れて製作されます。

編み込みの靴下は、デザインデーターを一旦ドット絵に置き換えてからの製作になりますが、プリントの場合は、「AI」という、イラストレーターの実寸データーでデザインを作成する必要があります。

靴下の発注枚数分、転写プリントを製作する「熱昇華転写プリント」と、インクジェットプリンターで直接プリントをする「インクジェットプリント」の2種類のプリント方法があります。

プリントで靴下を製作する際のメリット、デメリットとは

メリット

  • 色数や細かさの制限がない

入稿データーどおりに製作することが可能ですので、色数や細かさの制限がありません。グラーデーションや写真のようなデザインも表現が可能です。

デメリット

  • 材質がポリエステルに制限される。

インクとの相性の関係で、材質はポリエステルのみが選択可能という業者が多いです。ポリエステルは化学繊維で耐久性に優れていますが、コットンとくらべて吸水性が劣ります。

  • 国産だと価格が高く、海外だとロットが大きすぎる

国産でプリント靴下を製作する場合、小ロットで製造すると、@900円〜1500円と高額な場合が多いです。

海外生産だとコストは下がりますが、最低生産数が大きくなります。

  • 着用したときに下糸のポリウレタンが透けて見えやすい場合がある。

ポリウレタンは、靴下の伸縮性を作る細いゴムで、下糸と呼ばれています。

下糸の色は基本「白」になります。

平置きの状態で、美しい仕上がりに見えても、着用したときに、絵柄が伸びると、下糸の白が透けて見える場合があります。

淡色系の色味であれば、白も目立たないのですが、濃色系ですと目立ちますので、製作時に検討が必要です。

プリント靴下の製作をお考えへの方におすすめの、ハイゲージの編み込み仕様とは?

「プリント靴下の製作を検討しているけど価格やロットのハードルが高くて迷っている」「デザインにこだわった高級感がある靴下を製作したい」

そんな方々におすすめなのが、ハイゲージ編み込み仕様での製作です。下記のような細かいデザイン表現も可能です。

ハイゲージの編み込みソックスについて、こちらでも詳しく紹介しております。(外部サイト)

刺繍

刺繍靴下のデザイン表現方法とは

刺繍ソックスは、靴下を「編み込み」の手法で製造し、完成した靴下に刺繍を入れて製作されます。

プリントと同様、「AI」という、イラストレーターの実寸データーで入稿する必要があります。

刺繍で靴下を製作する際のメリット、デメリットとは

メリット

  • 既製品の靴下に刺繍を入れることによって手軽にオリジナル商品の製作が可能

既製品靴下にオリジナル刺繍を入れるサービスを提供している業者もあります。刺繍を入れるだけですので、お手軽かつ短納期で、オリジナル靴下を製作することができます。

デメリット

  • サイズに制限がある

業者によって異なりますが、通常刺繍が可能な範囲は3x3cm程度になります。刺繍が大きすぎると伸縮性が損なわれるので、注意が必要です。

また刺繍をすると内側が硬くなりますので、範囲が大きすぎるとはき心地にも影響がでます。

まとめ

ここまで、オリジナル靴下を製作するときのデザイン表現方法の種類とメリットデメリットについてご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。

靴下を製作するときに、デザインはもちろん大切ですが、同時に着用することも念頭におく必要があります。

弊社台湾工場で製作する編み込み靴下の品質についてこちらで詳しく紹介しております。(外部サイト)

サイトのヘッダー画像にあります。パディントンベア(くまのパディントン)の靴下は、ハイゲージの編み込み仕様で製作しました。よろしければ、ご参照くださいませ。

ブリングハピネスの製品のご紹介

靴下の仕様についてご質問などございましたらお気軽にお問い合わせいただけると幸いです。

弊社Twitterのアカウントから直接DMでお問合せを頂くことも可能です。弊社の靴下製造と販売についてつぶやいております。ブログの更新情報もこちらで告知しております。

-靴下製作, 製作の進め方
-, ,

Copyright© A traveling Socks Factory , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.