靴下のオリジナルブランドを立ち上げたい方々に向けた靴下OEM製作の流れ

靴下のオリジナルブランドを立ち上げたい方々に向けて「靴下OEM製作の流れ」のページを製作しました。

お客様とのやりとりが最も多くなる、お打ち合わせからお見積もり、サンプル製作からサンプル校了(確認OK)になるまでの期間を中心にご紹介して参ります。

お打ち合わせ

靴下の「長さ」「対象年齢」「デザイン」「数量」「納期」「ご予算」など、ご要望をお聞きします。

靴下のOEM製造において、業者によって得手不得手がございます。私たちの工場で対応が難しい場合でも、長年の経験に基づいてお客様のケースにとってベストな方法をアドバイスさせて頂きます。

デザインが完成していない段階でもご相談ができます。

お打ち合わせは、「メール」「ZOOM」「Skye」「Wchat」などのオンラインでの対応も可能です。

お気軽にお問い合わせ下さいませ。

お見積もり

お打ち合わせでヒアリングした情報に基づいてお見積をお出しすると同時にお客様のご要望に近い参考サンプルをお送りします。

靴下の「はき心地」「質感」「デザインの再現性」「サイズ」などの品質をご確認頂きます。

参考サンプルは、「無料」となっております。

靴下サンプルの作成

お見積もりや、靴下の品質についてご納得頂けましたら、サンプル製作に入ります。

step
1
靴下のテンプレートをご提供する

ご要望のサイズに合わせた、靴下の形をしたテンプレートをご提供します。お客様のデザインをはめ込んで頂き、弊社で色数やデザインの再現ができるかどうか確認します。

問題がなければ、靴下工場でデザインをビットマップデーター(BMP)と呼ばれる「ドット絵」に置き換える作業に入ります。

メモ

ファミリーコンピューターなどのレトロゲームも「ドット絵」でできています。ドット絵を打つ人を「ドッター」と言います。編み込みの靴下もドット絵でできています。靴下の製作は、靴下工場で働く「ドッター」がお客様のデザインを一目一目ドット絵に置き換えるところからスタートします。デザインを拡大してもドッターが見やすいように、イラストレーターの「AI」と呼ばれる原寸大のデーターまたは、解像度が高めのJpg方式でご入稿頂く形がベターです。弊社でデザインを製作することも可能ですので、詳しくはお気軽にお問い合わせくださいませ。

step
2
バーチャルサンプルを製作する

ドット絵が完成しましたら、バーチャルサンプルの製作に入ります。

私たちは、ユニクロのホールガーメントニットを製作する編機でも有名な「島精機製作所」が開発した、バーチャルデザインシステムを導入しております。

靴下のデザインをニットの編目に変換したときの効果を、バーチャルでシュミレーションすることができます。

実際のサンプルと同じような画像の確認ができるので、サンプルを製作する前の段階で、靴下が完成したときのイメージを明確に把握することができます。

バーチャルリアルティの世界で、靴下サンプルを製作するので、お客様が納得行くまで何回でも修正することができます。

メモ

靴下の色は、色選びの基準として、Pantone Solid Coatedの色番号で指定いただければ、バーチャルデザインシステムを使って最も近い糸色を選びます。Pantone Solid Coatedでの色指定が難しい場合は、デジタルデーターに近い色を選びます。色修正を行う際は、糸見本帳をお貸しします。

 

step
3
工場で実際のサンプルを製作する

バーチャルサンプルが校了(OK)になりましたら、工場で実際のサンプルを製作し、サイズ、質感、実際の色を確認頂きます。

メモ

台湾工場で500足での製造する場合は、バーチャルサンプルでの修正に加えて、実際のサンプルを修正することも可能です。中国工場で200足で製造する場合は、サンプル製作は原則1回のみとなります。(バーチャルでの修正は何回でも可)

生産数量が多くないところで、サンプル製作回数が嵩むと、工場にとって大きな負担になることが理由です。

中国と台湾は、糸見本帳が異なります。中国の糸色は、デザインシステム出荷時から装備されており、バーチャルと実物の色差が発生しにくいのですが、台湾の場合、あとづけで糸を入力したため、若干色がぶれる可能性があることから実際のサンプルの修正に対応することで補っております。

靴下の生産

サンプルが校了(OK)になり、正式な発注数量を頂きましたら、いよいよ生産に入ります。

工場で検品されてから弊社に向けて出荷されます。

靴下の入荷

出荷された製品は、まず弊社に到着します。抜き取り検品を行ってから、宅配便でお客様に向けて出荷します。

メモ

靴下OEM製造工程について、私たちのホームページで詳しく紹介しております。発注から製造、出荷に至るまでの流れは、台湾、中国工場とも同じ工程となっております。

靴下のオリジナルブランドを立ち上げたい方々に向けた、靴下製造の無料相談サービスも承っております。

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

  • この記事を書いた人
岩村 耕平

岩村耕平

合同会社ブリングハピネス代表。台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナー、クリエイター、D2Cブランドを製造面で徹底サポート。工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。起業してからの7年間で、数多くのブランドの靴下製造を手がける。バーチャルでサンプル製作が可能な島精機製作所デザインシステムを使用。JR東小金井高架下と秋葉原が拠点。雨と雪の日以外の都内移動は全て「自転車」を使用。既成観念にとらわれず最適な場所と時間を選んで仕事する「環境に依存する」働き方を模索中。

更新日:

Copyright© A traveling Socks Factory , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.