靴下を製造する

冬コミやコンサートなどのイベントにもおすすめ。小ロットで製作するオリジナルもこもこ靴下とは?

投稿日:2018年9月19日 更新日:

冬物のオリジナルもこもこ靴下の製造を承っております。

2018年12月29日(土)~31日(月)まで東京国際展示場で開催されるコミックマーケット95にもまだまだ間に合います。

僕らが製造する冬物もこもこ靴下とは?

弊社で、もこもこソックスを製造する場合は、フェザーヤーンというふわふわの糸を使用します。

羽がついているように見えるので、フェザーヤーンと呼ばれます。中国語では、「羽毛紗」と書きます。

糸が細いので、さらに細いポリエステル糸との組み合わせでキャラクターアートを再現できます。

弊社がもこもこ靴下を小ロットで製造できる理由とは?

もこもこ靴下の最小生産数は秋冬シーズン限定で、300足~になります。

弊社中国靴下工場は、巷の売り場でよく見かける、キャラクターソックスを主に製造しています。

もこもこ靴下の製造は、7月〜9月に集中します。冬物商戦が始まる9月末から10月初旬には売り場に並べたいお客様が多いためです。

10月中旬になると、工場はオフシーズンに入ります。10月中旬から12月は工場が比較的空いているので、小ロット製造がしやすい時期になります。

もこもこ靴下の糸は、冬しか使わないので、通常は受注生産になります。その場合はロットが必要です。

秋口から冬の時期は、その年の冬物を出荷した糸が残っています。在庫糸を使用することにより小ロットで対応することができます。

弊社の冬物もこもこ靴下製作実績とは

2014年に創業以来、キャラクターものを中心に、もこもこ靴下を多く製造してきました。

冬のコミックマーケット向けに関しては、2014年〜2017年まで、4年連続でお声がけ頂きました。(2015年はコットンスニーカーソックス)

弊社の得意分野は、キャラクターになりますので、コミックマーケットグッズとの相性は悪くないのかなと思っています。

コミックマーケットのオリジナルソックスを製造して勉強になった話

昨年コミケなどの同人誌のイベントで販売するためのグッズとしてオリジナル靴下を製作しました。 年末の時期になると、決まって毎年一組ずつ製作のご依頼を頂いています。 自らの世界観を靴下に表現したいお客様と ...

続きを見る

バーチャルでサンプル製作が可能なデザインシステムでもこもこ靴下を製作する

弊社、2017年8月末に、パソコンの画面上で、靴下の編み込みを再現することができるデザインシステムを導入しました。

昨年の冬コミでの製作にも使用しましたが、導入したばかりでまだ操作に慣れていない状況でした。

現在導入してから1年あまり、うんうん唸りながら使用してきた甲斐あってか、だいぶ慣れてきました。

もこもこ靴下は、ベースに使うもこもこ糸の毛足が長いため、細いポリエステル糸で再現する細かい絵柄が、埋もれて見えなくなる場合があります。

デザインシステムを使えば、再現性を事前に確認することが可能です。

バーチャルサンプルがOKになった時点で、実際のサンプルを製作するので、

「蓋を開けたらどんでもないサンプルが上がってきた」

ということがありません。

島精機製作所さんのデザインシステム「SDS-ONE APEX3」を使用して靴下のバーチャルサンプルを製作する流れとは?

2017年の8月末に島精機製作所さんが開発した、デザインシステム「SDS-ONE APEX3」を導入しました。 サンプルを製作することなく、イラストレーターで作成したデザインを、靴下に編んだときの編目 ...

続きを見る

まとめ 冬コミやコンサートなどのイベントにもおすすめ。小ロットで製作するオリジナルもこもこ靴下とは?

ここまで、冬コミやコンサートなどのイベントにもおすすめの、小ロットで製作するオリジナルもこもこ靴下についてご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。

靴下の製作手順や、弊社の製作実績について、弊社のWebSiteでも詳しく記載しておりますので、参考にして頂けると、とても嬉しく思います。

 

 

 

-靴下を製造する
-, , , ,

Copyright© A traveling Socks Factory , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.