戦国武将グッズ 戦国

戦国、三国志、水滸伝などの歴史グッズを作りたい。家紋などを使った和柄ブランドを立ち上げたい方へ

投稿日:2019年9月13日 更新日:

「戦国、三国志、水滸伝など歴史グッズを作りたい」

「和をモチーフにしたブランドを立ち上げたい」

「日本の戦国、中国の三国志、水滸伝の武将が好き過ぎて、自らグッズを製作してブランドを立ち上げてみたい」

本日はそんな方々に向けて、記事を書いて参ります。

私たちが歴史グッズを作りたい理由とは?

「好き」を極めたら、その先に何が見えるか確かめてみたいから

私たちは、靴下を中心とする、縫製雑貨のOEM製造メーカーを営んでおります。

中国の靴下工場との出会いがきっかけで起業して、6年目になりました。

中国語を学んできたからこそ、台湾と中国のパートナーに出会うことができました。

光栄のシュミレーションゲームで、三国志の世界を知り、吉川英治の小説を読んだのがきっかけで、中国語の世界へ入りました。

会社員になり、家族を持つようになると、おのずと、ゲームから遠ざかるようになりました。

中国語の専門学校に入学するも、ゲームにはまったことが原因で、成績が悪くなり、結局卒業できなかったトラウマがあったからです。

僕と中国語 愚直に学び続けることが大事なかもれない

私は、「三国志」のゲームにのめり込み、吉川英治さんの小説三国志を読みはじめたのが中国語を学ぶきっかけでした。 それが18歳の時ですから、今日まで28年間も中国語と付き合ってきました。 「勉強は不得意だ ...

続きを見る

起業すると考え方が変わりました。

TwitterなどSNSを覗いてみると、ものすごくマニアックなことばかり書いているのにかかわらず、結構な数のフォロワーがついていたりします。

自分自身の「好き」を極めたら、その先に何が見えるのか、確かめたいと考えるようになりました。(何も見えない可能性もありますが)

ゲーム中毒で人生を棒にふりそうになった僕が、ビジネスや起業に「信長の野望」の考え方が役に立つと考える理由とは?

2014年に靴下ビジネスで起業して以来、ぼちぼちと「信長の野望」をプレイするようになりました。 信長の野望シリーズは、「光栄(現コーエーテクモゲームス)」が開発した歴史シミュレーションゲームです。 僕 ...

続きを見る

歴史グッズブランドを立ち上げるために試行錯誤してみた

既製品の武将足袋靴下。デザインはよかったけど履き心地がいまいちだった。

まずは、戦国武将と家紋をモチーフに作られた、武将足袋靴下の既製品を仕入れて販売することを検討しました。

サンプルをとりよせ肝心の靴下を自ら履いてみると、はき心地がいまいちでしたので、仕入れを断念せざる負えませんでした。

春日山城のジオラマを製作してみた

既製品の仕入れの他、自社オリジナルブランドを製造することも検討しました。

色々検討するなかで、東京大田区のお城のジオラマを専門に作られている、鍬匠甲冑屋 (くわしょうかっちゅうや)さんに出会います。

ジオラマを製作するまでの過程は下記に詳しく書かせて頂いています。

春日山城のジオラマのオーダーメイド製作を依頼してみた

春日山城のジオラマをオーダーメイド製作を依頼してみました。時代設定は上杉謙信が関東出兵を繰り返している頃。季節は冬です。 東京大田区のお城のジオラマを専門に作られている、鍬匠甲冑屋 (くわしょうかっち ...

続きを見る

春日山城トートバッグの製作を考えてみた

既製品の足袋靴下を仕入れ、鍬匠甲冑屋 (くわしょうかっちゅうや)さんの春日山城をディスプレイとして使用にするつもりでした。

さらに、ジオラマの世界観を、絵に書き起こして、オリジナルグッズとして、トートバッグを製作する計画を立てました。

ジオラマは完成しましたが、ジオラマを絵に書き起こして頂けるデザイナーさんが見つかっておらず、まだ開発には至っていない状況です。

デザインさえあれば、すぐにバーチャルサンプルを製作することができます。

一緒に取り組んでみたいデザイナーさんがいらっしゃいましたら、お声がけ頂けると嬉しく思います。

戦国武将の足袋靴下の製造を進めてみる

歴史グッズのブランドを立ち上げを決めて、1年になりました。

現在、戦国グッズ専門店さまとのコラボで、「伊達政宗」「直江兼続」「井伊直政」の足袋靴下の開発を進めています。

10月発売を目標にしています。

春日山城のジオラマも、ようやくディスプレイとして使用することができそうです。

戦国、三国志、水滸伝などの歴史グッズを作りたい方へ。ブランドを立ち上げるにあたって私たちができることとは?

靴下とバッグ、ポーチの製造

私たちの一番の強みは、製造です。

ファンシー雑貨メーカーに勤めた会社員時代を含めると、すでに15年間ものづくりに携わっています。

得意分野は、靴下や靴下の編機で製造できるニット雑貨と、バッグやポーチなどの袋物です。

靴下は履き心地にこだわりたいので、上代高めの製品を製造している台湾靴下工場での製造になります。

東小金井店舗とネットショップでの小売り

2019年5月より、JR中央線東小金井駅高架下ストリートに新しくできた商業施設「MA-TO」に靴下とバッグのアンテナショップを立ち上げました。

中央線東小金井駅高架下(けやき保育園正面)にキャラクター靴下のお店を作ってみた。

私たちのお店は、JR中央線東小金井駅から徒歩5分の、小金井市立けやき保育園の正面にあります。 5月に2019年に新しく完成したばかりの商業施設「MA-TO」に入居しました。 目次1 小金井市立けやき保 ...

続きを見る

7月末に物販用のホームページとネットショップもOPENしました。

歴史グッズの製造と販売に取り組んで参ります。

グッズのコンセプトや考え方などの面で、意気投合することができれば、製作したグッズの一部分を弊社で買い上げ販売のお手伝いをさせて頂きます。

もし、戦国、三国志、水滸伝などの歴史ファンで、自らの「デザイン」と「世界観」をグッズ化して販売することに興味がある方がいらっしゃいましたら、ぜひお話をお伺いしたいと思います。

弊社Twitterのアカウントになります。お気軽にお声がけ頂けると幸いです。

 

 

-戦国武将グッズ, 戦国

Copyright© A traveling Socks Factory , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.