東小金井 旅の記録 旅をするように仕事する

東小金井の「はけの道」とは?

投稿日:2019年8月7日 更新日:

2015年に東小金井の創業支援施設「KO-TO」への入居がきっかけで、東小金井で仕事をするようになりました。

東小金井に通っていると、ときおり「はけ」という言葉を目にするようになりました。小金井公園は有名だけど、「はけ」って?

というわけで、自転車に乗って小金井のはけに行ってみることにしました。

はけの道とは

東小金井の南口から247大通りを、栗山公園を横目にまっすぐに進み連雀通りを超えて少し進むと、国分寺崖線(がいせん)と呼ばれる、崖地にぶつかります。

これらの崖を武蔵の方言で「はけ」と呼びます。崖地のすぐ下を通っているのが「はけの道」です。

国際基督教大学高校横の坂を下って、右手のトンネルをぬけると、「はけの道」です。

東小金井の南口を出て、Google Mapで武蔵野公園と入力し、ナビゲーションに従って進んでいくと到着します。

はけの道を国分寺方向に進む

はけの道を国分寺方向に進むと、はけの森美術館が見えてきます。

美術館のとなりにははけの森カフェがあります。

平日の朝コーヒを飲みながら思考にふけりたくなるような雰囲気です。

東小金井で仕事をしているからこそできる贅沢な朝を過ごせそうです。

はけの森カフェ
〒184‐0012 小金井市中町1‐11‐3
http://hakenomori-cafe.net/

はけの道に足を踏み入れた感想

東小金井駅から15分あまりのところに、こんな自然環境が豊かな場所があるなんて知らなかったです。

実は弊社7月から吉祥寺の井の頭公園の近くに事務所を借りることになっています。

東小金井に来る機会も少なくなってしまうと、後ろ髪をひかれる思いで、ある日曜日のサイクリングコースにはけの道を選んで見たのです。

実際に足を踏み入れて、より離れがたくなってしまいました。


東京・武蔵野 自転車散歩マップ 自転車生活ブックス編集部 (著, 編集)

ちょっと古い本ですが、こちらに国分寺崖線(がいせん)周辺を自転車で散歩するコースが紹介されています。

「はけの道」を訪問してから2年が経った

はじめて、自転車で「はけの道」を訪問してから、2年が経ちました。

2年で東小金井界隈もだいぶ変わりました。

当時仕事をしていた東小金井の高架下のKO-TOの隣にシュアスペースPO-TOがOPENしました。

OPEN当初はがらがらでどうなるかと思いましたが、今は小規模の小売やアトリエなどで埋まっています。

私は、1年ほど井の頭公園の近くのオフィスで仕事をし、PO-TOを経て、4月にOPENしたばかりの商業施設「MA-TO」で小さな靴下のお店をはじめました。

中央線東小金井駅高架下(けやき保育園正面)にキャラクター靴下のお店を作ってみた。

私たちのお店は、JR中央線東小金井駅から徒歩5分の、小金井市立けやき保育園の正面にあります。 5月に2019年に新しく完成したばかりの商業施設「MA-TO」に入居しました。 目次1 小金井市立けやき保 ...

続きを見る

東小金井駅から武蔵境駅方向の高架下にはたくさんのお店が連なっており高架下ストリートと呼ばれています。

MA-TOはその一番端っこになります。

はけの森美術館とカフェからだと、2kmあまり、徒歩で30分、自転車なら20分かからずに到着することができます。

はけで癒されたあと、お時間があれば、ぜひお立ち寄りください。

靴下の店ブリングハピネス

住所 小金井市梶野町1-2-36 MA-TO S02

HP https://charactersocks.jp/

くまの仲間たちと一緒に多摩地区を中心にいろいろ旅してみます。よかったらフォローお願いいたします。

 

 

 

 

-東小金井, 旅の記録, 旅をするように仕事する
-, ,

Copyright© A traveling Socks Factory , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.