本の紹介 旅をするように仕事する

自営業を営む僕が佐々木典士さんの「ぼくたちは、習慣でできている」を読んで実践したいこと

投稿日:2018年12月22日 更新日:

今年の夏休みのキャンプ場で、佐々木典士さんが執筆された「ぼくたちは、習慣でできている」を、初めて読みました。

その後、しばらくは、本で学んだ内容を実践していたのですが、秋口になり気温が下がるとまず早起きができなくなりました。

朝ぎりぎりまで布団にいるため、起床すると、早く仕事をしないとならないとの焦りが生じるようになりました。結果運動もしなくなりました。

夏場は朝起きてすぐに書いていたブログの更新も滞りがちになっていました。

早起きができないことが悪習慣のトリガーになってしまったことが最大の原因であることは明白です。

というわけで、「ぼくたちは、習慣でできている」を再度読読み返すことにしました。

ルーチンが心を調律する

イチローはしんどい時の乗り越え方として、「日々やっていることを同じようにやること」を大切にしているそうだ。

「心から持っていくのは難しいですが、身体をいつもと同じように動かせば、そのうちに心がついてくる。心が積極的になれない時のテクニックです」

と言っている。

僕が身に付けたいルーチンは、シンプルに2つです。

ブログを書くこと

お客様に読んで頂いて僕という人間を知ってもらったうえで、お取り引きするかどうか決めてもらいたいという思いからブログを書いています。

また一度文章にしたことは、多少なりとも身体に浸透するので、本を読んで考えたことや、将来の方向性も記事にしています。

僕にとってのアウトプットの場でもあります。書けていない時期は、右往左往してしまっていることが多いです。

アパレル製造小売業を営む僕がブログを書く理由とは

「ブログを書く」ことは、弊社の経営の羅針盤であり、僕自身の生活の糧でもあります。 起業して以来、ブログを書き続けてきました。本日は、僕がブログを書き続ける理由について紹介して参ります。 目次1 弊社の ...

続きを見る

運動をすること

元々太りやすい体質で、油断するとすぐに体重が増えてしまいます。

見た目はともかくとして、家族を養う身で、自営業者になりますので、健康管理は最優先で考えるべきことです。

まずは、やるべきことを絞り込むところからスタートする

不安が意志力を減らす

自分が決めたやるべき習慣ができないと、自己否定感や不安が生まれる。そして意志力が失われるので、なおさら次の課題に取り組めなくなるという悪循環にはまってしまう。

1日の過ごし方がどんなに自堕落であろうと、とにかく人は1日を過ごすことができてしまう。「ダラダラする」という予定で1日がバツバツの人もいる。

それが本人にとってよいものであれ、悪いものであれ、人の1日は習慣で満ちている。だから新しい習慣を追加しようと思えば、古い習慣には退場してもらわなければいけない。

人ができることには限りがあります。やるべきことを絞り込んで、やめるべきことをやめないと、悪循環のループから抜け出すことができません。

まずは自らが決めた課題に取り組むために、何をやめるか考えてみました。そのために下記をやめることにしました。

朝布団の中でだらだらすること

自ら決めたルーチンがうまくできない最大の原因は、朝布団から出られずにだらだらしてしまうことでした。

それでも遅くとも9:00〜仕事をスタートはさせるのですが、お客様や工場からの連絡などに追われているとあっという間に午後になってしまいます。

午後は午後で、出荷やバーチャルサンプルの製作など、その日のうちに処理すべき業務があります。

夜は奥さんと子供がうるさくてブログどころではありません。僕がブログを書く場合、書きはじめが、最も時間がかかります。

せめて書きはじめだけは、朝のうちに書いておけば、隙間時間や、子供たちが寝た後に執筆をすすめることができます。

朝の時間帯が、執筆できるかどうかの鍵を握っているのです。

仕事量を調整する

仕事の量が多すぎると、その日のうちに処理しなければならない業務が増えます。処理できない時間が長くなると、お客様から催促が入り、さらに焦りが生じます。

焦りが生じると、ブログも運動もそっちのけになってしまいます。

その結果どうなるか、書いていないことにより自分の立ち位置がわからなくなり、なんのために仕事をしているかわからなくなってしまいます。

運動をしなければ、長期的に体調が悪くなる可能性があります。

せめて最低限のルーチンはこなせるように、仕事量をコントロールすることにしました。

オワリはじまり 2018年と2019年

かりゆし58が歌う「オワリはじまり」を聴いてると、日々あたり前のように過ごしている日常生活が愛おしくなります。 家族と雑談をしながら食べる食事。ぼーっと庭を見つめる時間。ありふれた日々の積み重ねを大事 ...

続きを見る

「自分との約束が守れない」状況が続くと、「自分が決めたことができていない」ことが、ずっと心に引っかかっている状態になります。

徹底的にハードルを下げて、続けることだけに集中する

やる気を出すには「まず始める」ことが重要。まず始めるためにどうするか。それには徹底的にハードルを下げることが重要だ。

とりあえず何かをやり始めてしまうことで、やる気は生まれる。このプロセスは「作業興奮」と呼ばれる。

まずは、最低限「続ける」ことだけを考えます。

  • 平日最低5行+画像をアップするようにする。修正や加筆する点があれば土日に手直しをする。(ブログ)
  • 毎日プールに行き、水に触る。(プール)

一度行動してしまえば、365日全てブログ5行で、毎日プールに行って水だけ触って帰ってくるということもないはずです。

まとめ

ここまで、自営業を営む僕が佐々木典士さんの「ぼくたちは、習慣でできている」を読んで実践したいことについて、紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。

やりたいことがあるけど、行きずまってなかなか手につかない方や、僕のような自営業を営む方に特におすすめです。

 

-本の紹介, 旅をするように仕事する
-, , , ,

Copyright© A traveling Socks Factory , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.