靴下を製造する

お客様と一緒にゼロから靴下をアパレルブランドとして育てるためのOEM製造についての考え方とは?

投稿日:2018年8月25日 更新日:

弊社の目標は、単に靴下という「モノ」を作るだけではなく、お客様が製造される靴下をアパレルブランドとして成長させるお手伝いをすることです。

お客様の靴下ブランドの立ち上げに対する想いを共有し、二人三脚でお取り組みをさせて頂くスタイルを理想としております。

弊社靴下のOEM生産で起業して4期目を迎えています。2014年の9月26日に創業したので、来月で5期目に突入します。

ゼロからお客様と一緒に靴下をアパレルブランドとして育てるための製造戦略とは?

弊社にお問い合わせを頂く9割が、新規で靴下事業にお取り組みになるお客様になります。

僕自身が靴下OEM製造メーカーとして起業したのも、前職のファンシー雑貨メーカーで、キャクラクター靴下事業の立ち上げに携わったことをきっかけでした。

アパレル靴下ブランドの導入期における製造戦略とは?

まずは、小さくやって見ることをおすすめしております。

実際に靴下を作って、販売してみることにより、「経験」という大きなリターンを得ることができます。

万が一販売状況が思わしくなかったとしても、その失敗を生かして確実に次のステップに進むことができます。

「小さく」はじめれば、リスクも最小限に抑えることが可能です。

弊社靴下工場の生産背景は、中国と台湾工場の2箇所です。

導入期においては、靴下の種類や仕様にもよりますが、まずは中国工場での生産を検討します。

靴下製造業をなりわいにする僕と中国靴下工場社長のパートナーシップとは

「桜なんて見てる暇なんてどこにあるっていうんだ」 2014年の春先に2回目の来日をした社長を桜見物に誘ったときに言われた言葉です。あれから4年がたちました。僕らが本格的に一緒に仕事をするようになったの ...

続きを見る

単価を下げることを考えた場合、300足は必要ですが、上代ベースで売場に出すことができ、かつお客様も利益をとることができる価格をお出しすることができます。

売場で陳列する場合に必ず必要な、パッケージ資材も500枚〜手配できます。

オリジナルデザインの靴下を小ロットで製作したい方へ【2018年8月24日更新】

「靴下の小ロットでのOEM製作を検討している」 「オリジナル靴下の製作に興味がある」 本日はそんな方々に向けて、靴下の小ロット製造についてご紹介して参ります。 目次1 靴下を小ロットで製造するメリット ...

続きを見る

アパレル靴下ブランドの成長期における製造戦略とは?

試行錯誤を繰り返し、何が売れるかを把握し、種類を増やして行く段階になったら台湾工場での生産も視野に入れます。

この時期になると、ある程度売り上げを予測できるようになるので、仕入商品が在庫になってしまうリスクも軽減されているかと思います。

台湾工場で製造する場合、500足〜対応できます。

台湾工場は、柄、色数などデザイン性をしっかり保ちつつ、履き心地がよく、長持ちする靴下を製造する技術力に長けております。

その品質は国産工場と比べて遜色がありません。台湾工場を使うことによって、お客様の生産背景に幅を持たせることができるようになります。

陸王のこはぜ屋みたいな台湾靴下工場

2017年10月期の日曜劇場で放送された作家池井戸潤さん原作のドラマ「陸王」を見られたという方も多いのではないでしょうか。 僕が陸王を見て最も印象に残っているのが、足袋工場こはぜ屋を訪れた銀行員が、工 ...

続きを見る

島精機製作所のデザインシステムSDS-ONE APEX3をフル活用する

2017年の夏に、靴下のバーチャルサンプルを製作することができる、島精機製作所さんのデザインシステムSDS-ONE APEX3を導入しました。

1年がたち、操作にもだいぶ慣れてきました。

サンプルを製作することがなく、バーチャルで平面の絵柄を、ニットの網目にしたときの効果を確認することができます。

バーチャルでサンプルを製作するので、何回でも修正が可能です。バーチャルサンプルを確認頂きましてから、実際のサンプルを製作します。

島精機製作所さんのデザインシステム「SDS-ONE APEX3」を使用して靴下のバーチャルサンプルを製作する流れとは?

2017年の8月末に島精機製作所さんが開発した、デザインシステム「SDS-ONE APEX3」を導入しました。 サンプルを製作することなく、イラストレーターで作成したデザインを、靴下に編んだときの編目 ...

続きを見る

靴下という「モノ」を作るだけではなく、お客様の靴下をアパレルブランドとして成長させるお手伝いをすること

弊社目標は、単に靴下を作るだけではなく、お客様の靴下ビジネスを製造面でサポートし、共に繁栄することです。

ブランドのステージによって求められることが異なります。状況に応じて靴下の製造戦略についてアドバイスをしながらお取引を進めて参ります。

ブランドの導入期から成長期まで弊社とお付き合いを頂くことにより、相互理解が深まっていくので、製造に関わる、時間も含めたコストを圧縮させることが可能です。

靴下の開発をお考えであれば、ぜひ一度お問い合わせくださいませ。

-靴下を製造する
-, , ,

Copyright© A traveling Socks Factory , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.