製作事例

靴下製造のパートナーとしてお客様のブランドを成長させるお手伝いをする考え方とは?

更新日:

「靴下のブランドを立ち上げたい」「アパレルブランドのラインナップに靴下を加えたい」「靴下OEMの製造工場や製造メーカーを探している」

本日はそんな方々に向けて、靴下のOEM製造メーカーを営む、私たちの「靴下製造のパートナーとしてお客様のブランドを成長させるお手伝いをする考え方」について紹介して参ります。

靴下製造メーカーを営む私たちがお客様と一緒に目指すゴールとは?

私たちは、発注企業様のご要望のデザインにて、靴下の受託製造をする「OEM生産」を行っている靴下製造メーカーです。いわば黒子のような存在です。

単に靴下という「モノ」を作るだけではなく、お客様のブランドにかける想いを共有し、二人三脚でお取り組みをさせて頂くスタイルを理想としております。

お客様の仕様に従って工場で製造した靴下を無事お客様にお届けする」

ことが、弊社のゴールです。「弊社が納品した靴下を売り切る」ことがお客様にとってのゴールになります。

弊社が工場で製造した靴下が「売れる」ことが、お客様が靴下を製造する第一の目的になります。

売れるためには、どうすればいいのか。デザインも含めて、「売場で購入した靴下を履かれる方に満足頂く」必要があります。

引用元 ブリングハピネス物販ホームページ「コンセプト」より

「靴下は美術品じゃない履くものだ」

弊社台湾靴下工場社長の口癖です。靴下は、履くためのものです。外観のデザインがいくら美しくても、履いたときのはき心地がよくなければ、台無しになってしまいます。

お客様のデザインを最大限生かしつつ、履かれる方に満足頂ける靴下作りをすることが、弊社の考え方の基本になります。

台湾靴下製造工場の紹介

こんな方におすすめの台湾靴下工場 ハイブランド靴下のOEM製造を検討している 中国以外の国での靴下の製造を考えている デザインにこだわった靴下を製造したい 靴下職人が経営する私たちの台湾靴下工場とは? ...

続きを見る

靴下製造のパートナーとしてお客様と一緒に製造戦略について考える

ブランドのステージや、市場に投入する製品によっては、工場を使い分けることを検討した方がよいケースもあるかもしれません。

例えば、靴下工場で製造したニット生地を、バッグ工場に送って、ニットポーチを製作するといった場合、バッグ工場の背景がある中国で製造したほうがメリットがあります。

単に靴下を製造して納品するだけではなく、弊社に蓄積されたノウハウと工場の背景を共有し、「パートナー」として、お客様のお手伝いをすることが、弊社の目標です。

ブランドの導入期から成長期まで弊社とお付き合いを頂くことにより、相互理解が深まっていくので、製造に関わる、時間も含めたコストを圧縮できます。

弊社をお客様の会社の製造部門の一つとして位置づけて頂くことによるアウトソーシングとしての効果を出すことも可能です。

自社ブランドの製造を委託する「OEM」のメリットについて紹介した記事です。

アパレルOEMとODMの違いとメリットとは【2019年10月17日更新】

「OEM」「ODM」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。私も製造の仕事に携わるようになってはじめて耳にするようになった用語です。 自社でPB(プライベートブランド)を立ち上げるこ ...

続きを見る

私たちをパートナーとして頂いた企業事例とは?

私たちを、パートナーとしてお付き合い頂いている、ぬいぐるみメーカーのU社様を一例としてご紹介します。

U社様は、自社ブランドとしてぬいぐるみ工場で製造できる「ぬいぐるみ雑貨」を展開しておりましたが、ラインナップに靴下を加えたいということで、弊社お問い合わせを頂きました。

初回は、弊社の最低生産数量である、中国製造の300足からスタートでした。

こちらのブランドは大成功とは行きませんでしたが、靴下の製造実績を生かしてご当地のキャラクター靴下のOEM製造に取り組まれています。

パディントンベア(くまのパディントン)の靴下カテゴリーの版権も取得し、物販も行っております。今では、靴下のOEM製造と物販が事業の核の一つとなっています。

U社が長年取り組んできた、ぬいぐるみ雑貨事業のキャラクター取り扱い経験と販路が、靴下にもぴったりはまったことが、事業を軌道に乗せることに成功した、最大の要因と言えるのかもしれません。

保育士さんへのプレミアムなプチギフトとしてパディントンベア(くまのパディントン)のキャラクター靴下をおすすめしたい理由とは?

靴下製造のパートナーとしてお客様のブランドを成長させるお手伝いをする考え方についてのまとめ

ここまで、「靴下の製造パートナーとしてお客様のブランドを成長させるお手伝いをする考え方」について紹介してきましたが参考になりましたでしょうか。

私自身、靴下に携わるようになったのも、前職のファンシー雑貨メーカーで、靴下事業の新規立ち上げに携わったのがきっかけでした。

2010年、私は、初めて台湾の靴下工場を訪問しました。

当時は、老舗のぬいぐるみメーカーで、海外工場の「生産管理」や新規工場を発掘する「仕入れ」の仕事をしていました。

靴下との出会いは、上司から命じられて、中国で靴下工場を探したのが、きっかけでした。

靴下の開発は、会社にとっても初めての取り組みで、苦労はしたものも、売り上げも徐々に伸びていきました。

そんな中、ある人気キャラクターの靴下の版権を取得することになりました。

デザインを見るとかなり複雑です。当初靴下の製造をお願いしていた、中国の工場に再現ができるかどうか確認をしたところ「問題ない」ということでしたので、サンプル製作を依頼しました。

ところが、何回修正を重ねても、仕様書通りのサンプルが上がってきません。

工場に原因を尋ねても、担当者もしどろもどろ。私自身も靴下の経験が浅く、解決策を見出すことができない事態に陥ってしまいました。

すでカタログに完成図のイラストが掲載されており、お客様から沢山の受注を頂いてしまっていました。

裏付けを確認することもなく、中国靴下工場の言葉を鵜呑みにした私のミスでした。

何度も発売日が延期になり、社内から矢のような催促をうけ、半分ノイローゼになりそうになっていました。そのキャラクターが夢にも出てくるくらいでした。

藁をもすがる思いで、生産に対応できる工場を探す中、台湾に靴下の産地があることを知ります。

ネットでの検索や日本貿易振興機構の図書館に足を運び、台湾の靴下工場の連絡先を調べて、1社1社しらみつぶしに連絡を入れていきました。

そこで出会ったのが、現在の台湾靴下工場です。

引用元 ブリングハピネス物販ホームページ「コンセプト」より

現在のお問い合わせの85%が初めて靴下にお取り組みになるお客様になります。

私自身も、ゼロから靴下に取り組んで今年で10年目になります。気がついたら靴下の製造と小売がライフワークになってしまいました。

お気軽にお問い合わせ頂けると嬉しく思います。

弊社Twitterのアカウントから直接DMでお問合せを頂くことも可能です。弊社の靴下製造と販売についてつぶやいております。ブログの更新情報もこちらで告知しております。

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
岩村 耕平

岩村耕平

合同会社ブリングハピネス代表。台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナー、クリエイター、D2Cブランドを製造面で徹底サポート。工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。起業してからの7年間で、数多くのブランドの靴下製造を手がける。バーチャルでサンプル製作が可能な島精機製作所デザインシステムを使用。JR東小金井高架下と秋葉原が拠点。雨と雪の日以外の都内移動は全て「自転車」を使用。既成観念にとらわれず最適な場所と時間を選んで仕事する「環境に依存する」働き方を模索中。

-製作事例
-, , ,

Copyright© A traveling Socks Factory , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.