生産管理部仕入課

中国からアパレルOEM製品を輸入する際の国際宅配便サービス3選【2018年9月28日更新】

投稿日:

「中国からの輸入で国際宅配便(クーリエ)サービスを使うことが多い」
「国際宅配便業者についてどこを使えばよいかわからない」

本日はそんな方々に向けて、中国から輸入する際の国際宅配便会社3社をご紹介して参ります。

海外から商品の仕入をされる際、国際宅配便を利用されている方も多いのではないでしょうか。

納期がある「急ぎ」の貨物を国際宅配便で輸入される場合は、カスタマーセンターへのお問い合わせや、オンライントラッキングなどで貨物の状況を注視する必要があります。

ドア to ドアで、基本、国内の宅配便と同じで、何もしなくても直接配達されますが、中国の輸出通関や日本の輸入通関で問題が生じると配達日が自動的に後ろにスライドしていきます。

万が一、トラブルが発生した時に、よっぽどのことがなければ、宅配便会社から連絡が来ることはありません。

価格やサービスも宅配便会社によって異なるので、予算や緊急度に応じて宅配便会社を使い分ける必要があります。

急ぎの貨物を輸入するならDHL サービスもスピードもピカイチ


http://www.dhl.co.jp/ja.html

国際宅配便で急ぎの貨物を輸入する際、確実度が高めなのがDHLです。

弊社中国靴下工場の事務所がある杭州から東京に向けて出荷する場合、輸出通関の必要がない小額貨物であれば、最短で翌日、通常で中1日で到着します。

中国での輸出通関と日本での輸入通関がスムーズに行くことが前提です。

オンライントラッキングの精度も高く、DHLのWebSiteにAWB NOと言われる送り状番号を入力するだけで、貨物がどこにあり、通関状況がどうなっているか確認することができます。

カスタマーセンターへの問い合わせも可能です。電話をすると3コール以内で通話ができストレスを感じることがありません。

DHLのデメリットとは?

DHLを使うデメリットは、価格が高いことのみです。

でも納期が遅れることを考えると「背に腹はかえられない」のかもしれません。私自身も「なぜDHLを使わなかったのか」と後悔したことが何度もあります。

JCEX 中国の国際宅配便業者 安いけれど問題あり

JCEXは、中国浙江省杭州を本拠地にする、中国の国際宅配便業者です。

輸送の品質がDHLと比べて落ちます。カートン破損や汚れが激しいときがあります。

貨物が到着してからカートンを交換が必要な場合も多いです。

中国で検数したはずの数量が、日本に到着したら不足するケースもまれに発生しています。

カートン破損により、輸送中に製品がこぼれ落ちたのか、中国税関で抜きとられてしまったか原因は不明です。

JCEXを使用する場合は、せめてカートン破損が少なくなるように十分に注意する必要があります。

  • カートンに隙間ができないように入数を設定する。

カートン内部に隙間が多いと、カートン破損が発生しやすいです。隙間ができないような入数を設定したりアンコを詰めると良いかと思います。

  • 輸出用ダブルフルートカートンを使用する。

輸出用の厚みがある、ダブルフルートカートンを使うことをおすすめします。こちらにカートンの厚みについての詳しい説明がありましたので、よろしければご参照くださいませ。

  • 日本でカートンを交換できるようにスペアカートンを事前に準備しておく。

JCEXをトラッキングする方法とは?

DHLと同様オンライントラッキングも可能です。ただサイトが英語と中国語しかなく精度もあまり高くありません。

http://www.jcex.com/

こちらにトラッキングNOを入力して「Query」のボタンをクリックするとトラッキングができます。

通関が切れたらその日の夜にヤマト運輸か佐川急便に引き渡され配送される仕組みです。

JCEXのホームページにも通関が切れると番号が表示されるのですが、貨物が引き渡されるまで、佐川やヤマト運輸のホームページでの検索もできません。

JCEXを使うメリットとは?

JCEXを使うメリットもあります。とにかく運賃が安いです。スピードもそこそこで、平均5日前後で貨物が到着します。

後に書くOCSが、貨物のキャパオーバーで大崩れしたときは、JCEXの方が早く到着することもあるくらいです。

ただし、トラッキングの精度も高くなく、日本国内のカスタマーサービスもないので、急ぎの貨物を運ぶのは、避けるべきかと思います。

サービスはDHLとJCEXの真ん中くらい?OCS

DHLより、運賃が低めの国際宅配便サービスの一つにOCSがあります。

https://www.ocs.co.jp/

OCSはANAのグループ企業です。輸送の品質はDHLと近く、JCEXと比べるとカートン破損率も低めです。

DHLほどの精度はありませんが、オンラインでのトラッキングも可能です。

東京都内の直接OCSが配達している地域であれば、配達のスピードもDHLと比べて遜色がありません。

OCSのデメリットとは?

貿易の仕事で起業して4年間で2度、出荷から配達まで14日前後かかったことがありました。

原因は、共に貨物過多による「キャパオーバー」です。忘れたころにやってくるので防ぎようがありません。

急ぎの貨物、特にイベントなど、その日までにないと価値がなくなってしまう製品を輸送する場合は、DHLを選択するのが無難なのかもしれません。

国際宅配便OCS 電話が繋がらない、貨物の追跡状況がわからないときの対処法とは?

「海外からOCSで貨物を出荷したけど、貨物の追跡ができない」 「OCSのカスタマーサービスに電話をしても電話がつながりにくい」 「OCSの貨物が届かなくて困っている」 本日は、そんな方々に向けて、記事 ...

続きを見る

まとめ

ここまで中国からアパレルOEM製品を輸入する際の国際宅配便サービス3選についてご紹介してまいりましたが、参考になりましたでしょうか。

国際宅配便はドア to ドアで、基本、国内の宅配便と同じで非常に便利です。

国境を越えて貨物を運ぶため、中国と日本での輸出入通関や、飛行機のフライト状況に左右されやすいことを念頭におく必要があります。

 

-生産管理部仕入課
-, ,

Copyright© A traveling Socks Factory , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.