自社ブランド立ち上げ 自社ブランド立ち上げ事例

保育士さんへのプレゼントにもおすすめのキャラクター靴下とは?

投稿日:2019年1月5日 更新日:

「保育士さんへのプレゼントとして靴下を検討している」

靴下は、価格がお手頃だけに、ちょっとしたプレゼントには最適なアイテムです。

絵本の世界をきりぬいたようなデザインのキャラクター靴下を検討してみる

靴下は、素足でいる時間が長い保育士さんにとって必須アイテムの一つです。

毎日履く消耗品ですので、何足あっても足りないとおっしゃる保育士さんもいらしゃるかもしれません。

お子様が普段慣れ親しんでいる絵本の世界を靴下に表現したキャラクター靴下を検討されてみてはいかがでしょうか。

ぐるんぱのようちえんキャラクターソックス

 

 

毎日キャラクター靴下を履かれる保育士さんにおすすめの靴下とは?

僕は、靴下を販売する方より、製造する方が専門です。

靴下を製造するかたわら、JR中央線東小金井高架下にあるPO-TOで「はらぺこあおむし」「くまのがっこう」「ぐるんぱのようちえん」など、キャラクター靴下を販売しております。

原産地は台湾で、僕が日頃、靴下の製造でお世話になっている工場で製造された靴下です。

陸王のこはぜ屋みたいな台湾靴下工場

2017年10月期の日曜劇場で放送された作家池井戸潤さん原作のドラマ「陸王」を見られたという方も多いのではないでしょうか。 僕が陸王を見て最も印象に残っているのが、足袋工場こはぜ屋を訪れた銀行員が、工 ...

続きを見る

発売元は、僕が9年間お世話になったキャラクター専門のぬいぐるみメーカーになります。こちらで生産管理のお仕事をしておりました。

今回は、在職中にお世話になった上司にお願いして仕入れさせて頂きました。

前職の生産背景やものづくりに対する考え方を理解しているので、僕も安心して、かつ自信を持って販売することができます。

僕らが販売するキャラクターソックスについて、さらに詳しく紹介してまいります。

洗濯して伸びにくい。長時間の着用で痕がついたり、痒くなりにくい靴下とは?

靴下の一番上についている、靴下がずり下がらないようにするためのゴムを「口ゴム」と呼びます。

通常、ポリウレタンという、伸縮性があるゴムを使います。

安価なポリウレタンを使用すると、ゴムが劣化しやすいので、何回か着用したり、洗濯をすると伸びやすくなります。

また長時間着用していると、痕がついたり、痒くなったりすることがあります。

台湾工場で生産の靴下の口ゴムには、全て「ライクラ」という、高価なポリウレタンを使用しております。

数回の洗濯や着用で、ゴムが伸びてよれてしまうことがありません。長時間の着用でも痕がつくこともありません。

痒みについては個人差はありますが、他工場製造の同仕様のキャラクター靴下と比較しても痒くなりづらくなっております。

靴下の穴のあきやすさを分ける強度とは?

靴下に穴が開きやすい原因は、糸の強度や、糸の本数と関係があります。

キャラクター靴下において、太い糸1本で編む場合と、細い糸を2本束ねて作る場合があります。後者の方が厚みがあり、強度も高くなります。

僕らが販売するキャラクター靴下は、細い糸を2本束ねる方式で生産しております。

靴下のはき心地を左右する伸縮性とは?

いくら美しく、デザインの表現をしたとしても、着用しづらければ意味がありません。

「靴下は美術品じゃなくて、履くものだ」台湾工場社長の口癖です。

台湾靴下職人の人生訓とは?

台湾靴下工場の社長は、30数年前に靴下の編機を一台購入して、自ら靴下を製造するところから工場を始めた職人です。 8年前に社長と知り合って以来、靴下のことや、人生についても教わってきました。 目次1 も ...

続きを見る

キャラクターなどのデザインが入った靴下を裏返してみると、柄の裏側に糸が伝っていることがわかります。

柄ごとに糸がループ状になるので、これがきちんとカットされていないと伸縮性がわるくなります。

靴下の編機には、糸を自動カットする装置がついています。

デザインをどう機械に落とし込んで、はき心地を落とさないように作るかというのは、工場の経験と技術、考え方によります。

台湾工場で製造した靴下は、柄が細くてもはき心地を落とさないように作られています。

小金井市立けやき保育園など小金井市の保育士さんやお子さんに履いてもらいたい靴下

ここまで、保育士さんへのプレゼントにもおすすめの靴下について紹介してまいりましたが、参考になりましたでしょうか。

靴下を製造している台湾工場の社長は職人気質で、営業が得意ではありません。

僕自身も、台湾工場社長以上に口下手なのですが、中国と台湾両方で靴下を製造してきたので、その違いが明確にわかります。

中国で作られた靴下も悪くはありません。弊社中国工場も日本の一流ブランドの製造を手がけております。

ただ靴下に対するこだわりや、考え方において、台湾工場の方がより強いポリシーを持ってものづくりをしております。

僕が台湾工場で製造された靴下を販売したい理由もここにあります。

弊社OEM製造においても、台湾工場で生産された靴下は、売り場に出てからの売れ行きが好調です。リピート率も高めです。

僕らが靴下の販売をしている店舗は、東小金井高架下ストリートPO-TOの武蔵境寄りの端っこの裏側、小金井市立けやき保育園の正面になります。

余談になりますが、かの有名なスタジオジブリから徒歩3分の場所にあります。

ご近所の、小金井市立けやき保育園はもちろん、小金井市の保育士さんやお子さんに、台湾工場で製造した靴下を一度お試し頂きたいと考えております。

お近くまできましたら足をお運びいただけると嬉しく思います。

住所 小金井市梶野町1-2-36 PO-TO S09

Twitterでお店の情報を発信しております。DMからのお問い合わせにも対応しております。

-自社ブランド立ち上げ, 自社ブランド立ち上げ事例
-, , , , , , ,

Copyright© A traveling Socks Factory , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.