旅の道具 旅をするように仕事する

GIANTのロードバイク TCR HYBRIDで仕事の移動をしてみる

投稿日:2020年1月4日 更新日:

「自転車通勤に興味がある」

「通勤や仕事の移動手段に自転車を使いたい」

本日はそんな方々に向けて、記事を紹介して参ります。

会社員をしているときは、杉並区の自宅から会社がある新小岩まで、毎日往復50kmを自転車で通勤していました。

私が自転車で仕事の移動をする理由とは?

途中ぎっくり腰になり、数年自転車から遠ざかりました。

その後起業して、ある程度自分で時間のやりくりができるようになりましたが、「プールで泳ぐ」「公園を歩く」など試してみましたが、どうも長続きしません。

仕事が増えるたびに、体重も増えていきました。

朝夜に運動する時間を作ろうとしますが、朝は朝にしかできない仕事があり、早く仕事をはじめなきゃと焦ります。

夜は夜でその日の仕事が完了させないとならないから、いつものびのびになってしまいます。

基本ひとりで仕事をする時間が長いので、自分のペースに合わせれば良いのですが、会社員時代の習慣か、9:00-18:00定時、土日休みという概念からなかなか抜けだせません。

定時に仕事以外のことをするのはどうも罪悪感を感じてしまいます。

GIANT TCR HYBRIDをヤフオクで購入してみた

折りたたみ自転車Birdy(BD-1)を保有しています。折りたたみがとても便利で何度か出張に持参しました。

和田サイクルで折りたたみ自転車birdy(BD-1)を買ってしまった話【2018年6月8日更新】

ついに買ってしまいました。「折りたたみ自転車のbirdy」 先日全国津々浦々を営業で回る相棒となる折りたたみ自転車を探しに、和田サイクルさんを訪問しました。 和田サイクルは、西荻窪駅北側の青梅街道沿い ...

続きを見る

小径車ですので、長距離の移動ですと、やはりロードにはかないません。

2004年に発売された、台湾の自転車メーカーGIANTのロードバイク「TCR HYBRID」がヤフオクに出ていたので購入しました。

16年前と古い型ですが、当時19万後半で販売されていたこともあり、乗り心地も上々です。

現在は、移動はほぼ、TCRを使っています。体重は変わっていませんが、毎日乗っています。

自転車の性能が、体力をカバーしてくれているから、乗り続けられている感があります。

移動をフィットネスの時間だと思う

やはり最優先にしなければならないのは健康です。

万が一病気になったらコストがかかることは明白です。

移動の時間をフィットネスの時間と考え、自転車で移動することにしました。

都内の移動であれば、電車と比べて+15分〜30分程度で移動が可能です。

杉並の自宅から、秋葉原の事務所までは18km、1時間15分程度で到着することが可能です。

電車ですと、自宅から駅まで徒歩15分、電車の移動時間、待ち時間も入れると35分、駅から事務所まで10分、合計約1時間ですので、

自転車で移動しても+15分程度です。

まとめ

ここまで、「GIANT TCR HYBRIDで仕事の移動をしてみた」感想を紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか。

国内出張することがあれば、自転車を袋に入れて移動する「輪行」にもチャレンジしたいです。

折りたたみ自転車ですと、スムーズなのですが、ロードだと前輪と後輪を外す必要があるので、ちょっとした技術が必要です。

今後も週末を中心にTCRについての記事を書いていくつもりです。

折りたたみ自転車超初心者の僕がジェットスターで成田空港から熊本まで輪行した話

飛行機での輪行にチャレンジしてみました。 航空会社は、LCCで有名なジェットスター航空(Jetstar Airways)。飛行区間は成田空港から熊本空港まででした。 目次1 航空券を購入するときに、サ ...

続きを見る

編集後記

午前中は、もうすぐ4ヶ月になる息子の面倒をみつつ、ブログ執筆。Twitterに記事を上げました。

午後は、妻と息子と一緒に清瀬の叔母の家に新年の挨拶に行きました。

帰宅後、また執筆。単純にブログを書くのはとても楽しい時間です。

5年前に開いた靴下製造のホームページがそろそろ賞味期限を迎えています。

5年前と今では、やっている仕事は同じでも、仕事の進め方や考え方は変化しています。

今年は特に台湾工場の製造の方も強化したいので、できればリニューアルしたいのですが、資金にも限りがあるので、考えどころです。

https://www.bringhappiness.jp/

 

 

 

  • この記事を書いた人
岩村 耕平

管理人

光栄のシュミレーションゲーム三国志にはまったことがきっかけで、高校を卒業後、三鷹市にある中国語専門学校に入学。中国の内モンゴル自治区で、モンゴル語と中国語を2年半学んだ後、14年間の会社勤めを経て独立。現在は、東小金井の高架下ストリートにある、PO-TOの店舗兼事務所を拠点に仕事しております。今日まで様々な想いで「靴下を作りたい」という方々にお会いさせて頂きました。新しい出会いを楽しみにしております。

-旅の道具, 旅をするように仕事する

Copyright© A traveling Socks Factory , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.