靴下製作 お客様事例

美術館のミュージアムグッズとして靴下を製作した話

投稿日:2018年3月5日 更新日:

先日美術館で販売するためのオリジナルソックスを製造しました。

ミュージアムグッズ製作のお仕事をお引き受けするのは今回が初めてでした。

「日本人美術家のオリジナル靴下を製作したい」

ドイツからお電話でお問い合わせを頂いたのがきっかけでした。

デザインシステムを導入していなければ、成り立たなかったお仕事だったのかもしれない

SDS-ONE APEX3は、靴下のバーチャルサンプルを製作することができるデザインシステムです。

実際にサンプルを製作せずとも、靴下を編んだときの編目や糸の色味を、パソコンの画面上で確認することができます。

今回もバーチャルサンプルを製作するところからスタートしました。

遠隔でのやりとりでしたので、糸見本帳の画像から色を選んで頂きました。ロゴ位置やサイズは、実寸データーに定規をあててもらい調整しました。

3〜4回の修正を経て、工場へサンプル製作依頼をかけました。

小ロット生産においてネックになりがちなのが、サンプル製作です。初回はまだよいのですが、回数を重ねるごとにサンプルUPの期日が遅くなっていきます。

デザインシステムで修正をしたことで、今回はサンプル製作一回で量産に進むことができました。

島精機製作所さんのデザインシステム「SDS-ONE APEX3」を使用して靴下のバーチャルサンプルを製作する流れとは?

2017年の8月末に島精機製作所さんが開発した、デザインシステム「SDS-ONE APEX3」を導入しました。 サンプルを製作することなく、イラストレーターで作成したデザインを、靴下に編んだときの編目 ...

続きを見る

小ロットで広がる世界

今回の靴下が東京にある有名美術館の作品展に出展される美術家のグッズであることを知ったのは、納品先を聞いてからでした。

小ロットでお受けしていなければ、製作する機会もなかったのかもしれません。

作品展最終日に美術館へ行ってまいりました。売り場に陳列されている靴下を拝見させて頂き、感動もひとしおでした。

靴下という「モノ」の製作が、新しい人や場所との出会いという「コト」を運んできます。小量で作るからこそ見える世界があります。

僕にとって、靴下の小ロット製造とは、「ライスワーク」ではなく「ライフワーク」なのです。

オリジナルデザインの靴下を小ロットで製作したい方へ

「靴下の小ロットでのOEM製作を検討している」 「オリジナル靴下の製作に興味がある」 本日はそんな方々に向けて、靴下の小ロット製造についてご紹介して参ります。 目次1 靴下を小ロットで製造するメリット ...

続きを見る

-靴下製作, お客様事例
-, , , ,

Copyright© A traveling Socks Factory , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.