お知らせ

6月末までの弊社業務体制について

投稿日:

私たちの事務所は、JR東小金井高架下とJR秋葉原の2箇所にあります。

新型肺炎の流行に伴い現在下記のような措置をとっております。

JR東小金井高架下

JR東小金井高架下の商業施設MA-TOに、私たちの台湾靴下工場で製作した靴下の品質を知っていただくためのキャラクター靴下のアンテナショップを営んでおりましたが、2/末にクローズしました。

現在ワークスペースとして同じく東小金井高架下にあるインキュベーション施設「KO-TO(東小金井事業創造センター)」に拠点を移しました。

会議室もありますので、商談も可能です。(現在休止中)

秋葉原事務所

秋葉原に業務提携先との共同オフィスがあり、バーチャルサンプルを製作するための「デザインシステム」を設置しております。

各靴下工場からのサンプルも、業務提携先との共同物流で成り立っており、全てのサンプルは秋葉原に到着します。

海外の靴下工場を「シェア」して共存共栄を目指すファブレス企業の業務提携の形とは?

「海外生産のファブレス企業を営んでいる」 「アパレルなどの製造メーカーとして起業または新規事業の立ち上げを検討している」 本日はそんな方々に向けて、ファブレス企業2社が海外の靴下工場を「シェア」して共 ...

続きを見る

6月末までの私たちの業務体制

バーチャルサンプルの製作とサンプル発送について

秋葉原サテライトオフィスには、「デザインシステム」というインフラがあり、サンプルワークの拠点となっております。

現在午前と午後の交代制で勤務を行っております。私たちがオフィスを使えるのは「午後」となっております。

「デザインシステムを使ってのバーチャルサンプル製作」と「サンプル発送」は、月~金の午後に限定して行って参ります。

緊急事態宣言が解除されたあとも、6月末までは、今の勤務状況を維持し、6月末の時点で再度検討する予定です。

現状業務への影響は特にありません。

商談について

東小金井及び秋葉原事務所での商談は一時的に休止しております。

商談につきましては、メールベース、またはオンラインで受付しております。

オンラインにつきましては、お客様が新たにアプリをインストールする負担のない、電話通信をベースとした商談ツールを導入する予定です。

元々無料ツールを使用していましたが、在宅勤務中に、中学生の娘がパスワードの影響で授業に参加できず苦労しているのを見たり、お客様とのやりとりにおいて、

接続がうまくいかなかったことがありましたので、毎月の費用はかかりますが、導入することにしました。

導入しましたら、再度お知らせ致します。

工場への影響について

私たちは、現在オーダーの95%を台湾靴下工場で製造しており、工場は正常に稼働しております。

サンプルと小口貨物の輸入は国際物流のOCSを使用しております。今現在大幅な遅れは発生しておりません。

国際宅配便「OCS」で小口貨物を輸入するときの追跡方法とは?

OCS貨物の追跡方法を紹介するわけ 私たちは東京で靴下メーカーを営んでおり、生産は台湾で行っています。 最近スタッフが増えたので、情報共有のため、社内ウィキペディアを作ります。 せっかく社内Wikiを ...

続きを見る

今後の対応について

6月末までは、現在の体制を維持して参ります。

常時非常時に関わらず、お客様に気軽にコミュニケーション頂けるよう、「Webサイトへのチャット機能の実装」「オンライン商談ツールの導入」を進めます。

靴下の生産工場については、私たちと考え方を同じくする台湾靴下工場へのシフトを継続致します。

サービスメニュー

  • 靴下製作についてのご相談
オリジナル靴下製作についてのご相談

「オリジナル靴下を製作したい」「靴下のブランドを立ち上げたい」「自社ブランドに靴下を加えたいけど進め方がわからない」 そんな方々に向けて無料相談窓口を設置しております。 チャット 当サイトにチャット ...

続きを見る

  • オリジナル靴下を製作したい方々に向けて、「製造工場を探したい」「どんな種類の靴下が製作できるか知りたい」など状況に合わせた記事を複数紹介した「まとめページ」になります。
オリジナル靴下を製作したい方へ

こんな方におすすめ オリジナルデザインの靴下を製作したい オーダーメイドの靴下を作ってみたい 靴下のOEM製造に取り組んでいる 私たちは、靴下の製造、販売、ブログ(オウンドメディア)の3つのサイトを運 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
岩村 耕平

岩村耕平

合同会社ブリングハピネス代表。台湾靴下工場と一緒に「靴下ブランドを立ち上げたい」デザイナー、クリエイター、D2Cブランドを製造面で徹底サポート。工場の強みは細かなデザインの再現とはき心地の良さを両立させる技術力。起業してからの7年間で、数多くのブランドの靴下製造を手がける。バーチャルでサンプル製作が可能な島精機製作所デザインシステムを使用。JR東小金井高架下と秋葉原が拠点。雨と雪の日以外の都内移動は全て「自転車」を使用。既成観念にとらわれず最適な場所と時間を選んで仕事する「環境に依存する」働き方を模索中。

-お知らせ

Copyright© A traveling Socks Factory , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.